恋愛において、見た目も大切ですが、中身もかなり重視されているようです。

とくに教養やマナーは、見についていないとそれだけで幻滅されることも……。

今回は、男性から好印象な言葉遣いをご紹介します。

自分の言葉遣いに不安がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

内面は話し方に表れる?男性から好印象な言葉遣いとは

語尾をやわらかく

「女性と初めて会話をするとき、言葉遣いがやわらかいと、いい印象を受けますね。逆にガサツな印象の言葉遣いの女性には、ちょっと引いてしまうかも……」(27歳男性/医療)

男性のなかには、女性の話し方にやわらかさを求める人が多いようです。

語尾を変えるだけで、やわらかい印象を与えることができます。

「な」「ね」「の」「よ」などの言葉を語尾につけるだけ。

「あそこに行きたい!」ではなく「あそこに行きたいな」と伝えることで、ていねいさが増しますよね。

これらは、男性になにかお願い事をするときにも有効だそう。

ぜひ試してみてくださいね。

言い回しをポジティブに

「元カノとごはんを食べに行くとき、『どこいく?』と聞いたら『この前一緒に行ったお店でいいよ』と言われて、ショックを受けたことがあります。

今の彼女はごはんを食べに行くとき、『○○に行きたいな』『○○がいい!』と前向きな感じで話してくれます。

僕との時間を楽しんでくれていることが伝わってくるのでうれしいです」(25歳男性/製造業)

同じ内容のことを言っていても、言い回しが違うだけで全く違った印象になります。

一般的に「~でいい」という言い方は、妥協している感があり、あまりいい印象を抱かれないことが多いです。

これに対し、「~がいい」という言い方は、前向きに参加している感があり、うれしく感じさせることがあります。

言い回しをポジティブにするだけで、あなたの好感度がアップするはずですよ。

選ぶ言葉はていねいに

「『こいつ』『うまい』などの言葉遣いの女性は、恋愛対象として見られませんね。とくに女性には、きれいな言葉を使ってほしいです」(29歳男性/メーカー)

「マジ」「うまい」「こいつ」「やばい」などの言葉が広く使われるようになり、女性でも使う人が増えてきました。

しかし男性は、女性には上品できれいな言葉を使ってほしいという人が多いようです。

言葉を発する側としても、きれいな言葉を使っていると背筋がシャンと伸びる気になれるはず。

ていねいな言葉遣いを意識しましょう。

言葉遣いで印象が変わる

男性、女性の言葉遣いに対してシビアな一面があるようです。

すべてを変える必要はありませんが、このような価値観の男性がいることは覚えておきたいところ。

素敵な言葉で、素敵な時間を過ごしましょう♡

(恋愛メディア・愛カツ編集部)