気になる男性や彼氏には、「喜ぶ顔が見たい」と思いませんか?

そんな気持ちを叶えるには、彼をほめるのが効果的かも。

今回は、男性のタイプ別に、それぞれへのほめ言葉をご紹介します。

学生/社会人、年齢別なので、彼に当てはまるところをチェックしてみてくださいね。

【男性のタイプ別】彼を喜ばせるほめ言葉って?

【学生】友人関係をほめる

彼が学生の場合には、彼の友人関係についてほめるといいかもしれません。

友達がたくさんいる場合は「○○くんって友達本当多いよね、いつも楽しそう」などと言いましょう。

逆に友達が少ない場合には、友達の質をほめるようにします。

学生時代は、自分の友人関係がある種ステータスになることも。

そんな彼らの心をくすぐりましょう。

【社会】仕事に対してほめる

相手が社会人である場合は、仕事についてほめるといいでしょう。

社会人の男性は、仕事にプライドを持っている人が多いです。

ときにはいやな思いや苦しい思いをしながら、毎日頑張っている人もいるはず。

「○○くんのあの仕事、△△なところがすごいと思った」など、具体的であればあるほど心からほめていることが伝わりやすくなります。

具体的な仕事内容がわからない場合は、「毎日遅くまで頑張ってて偉いね、無理しないで」など、仕事に対する向き合い方をほめるてみましょう。

【年上】ギャップをほめる

年上の男性は、ギャップをほめられるとうれしく感じるようです。

たとえば、「普段は落ち着いて見えるのに、意外と子どもっぽいところもあるんですね」や「○○さんの笑顔、初めて見ましたがかわいいですね」など……。

男性は、年下の女性にほめられることに慣れていないはず。

そんな男性の心を上手につかみましょう。

【同い年~年下】自立している部分をほめる

年下や同年代の男性は、恋愛関係になった女性に自立している部分をほめられる機会はそう多くないはず。

そこをほめてあげましょう。

「○○くんはしっかりしてるね」や「そういうところ、尊敬してる」などと伝えてみましょう。

彼らは「本当の自分に気付いてくれてるんだ……!」と感じ、あなたに好感を抱くかもしれませんよ。

ほめ言葉を上手に活用しよう

人からほめられて、うれしく感じない人はほとんどいないはず。

相手をほめることは、好意のアピールにもつながります。

どんなところをほめられたらうれしそうなのか、彼のツボを上手に刺激してみましょう。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)