気になる男性といい雰囲気になっても、そこから付き合うまでなかなか進展しない……という経験をした人も多いのではないでしょうか。

2人のタイミングや気持ちの問題なので、うまくかみ合わないと付き合う前に終わることも。

今回は、いい感じなのに付き合うタイミングを逃しやすいパターンをご紹介します。

いい感じなのに…「付き合うタイミングを逃しやすいパターン」って?

仲良くなりすぎる

気になる男性といい関係を築ければ築けるほど、それが壊れるのが怖くなることもあるはず。

彼がかけがえのない存在になったり、あるいは職場や仲良しグループの一員であったりする場合、その思いはさらに強まるでしょう。

ただ、そのままなにも行動せずにいると「大事な友達」の一人としての印象が強まり、ますます恋愛関係が発展するのは難しくなるかもしれません。

関係の落としどころをきちんと見極められるといいですね。

ただ待つだけ

どんなに相手を思う気持ちがあっても、それを伝えなければ意味はありません。

彼ばかりがアプローチをしている状態だと、あなたの気持ちは彼に伝わっていないことも。

その結果、「俺に興味ないのかな」と思われてそこで終わる……という可能性もあります。

ただ待つだけでなく、好意をさりげなく匂わせるといいでしょう。

慎重になりすぎる

好きであればあるほど、相手に対して慎重になるでしょう。

ちょっとしたことが原因で嫌われたり、相手を傷つけたりするのは避けたいですよね。

しかしあまりにも慎重になりすぎると、そのまま進展しないケースも。

相手の気持ちがある程度わかっているのなら、ときには大胆になってみると、関係が変わるきっかけになるかもしれませんよ。

好意を伝えきれていない

あなたが好意を示しているつもりでも、相手がそれを好意として受け取っていない可能性も。

とくに鈍感な男性にとっては、さりげないアプローチの効果が発揮されないこともあります。

「そういうところ好き」など、「好き」の言葉を使って彼をドキドキさせてみましょう。

恋愛対象として意識していることを表現するのがポイントです。

歩み寄りがカギに

関係を進展させるには、お互いの気持ちを少しずつ伝え、受け取りあうことが欠かせません。

一人では成し遂げられないことだからこそ、お互いに歩み寄ることが必要なのです。

タイミングを逃さないために、少しずつ意識してみましょう。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)