気になる人ができると、「この人と付き合いたい」と感じる方が多いのではないでしょうか。

きっかけは一目ぼれ、仲良し期間が続いて、紹介で……など、人によってさまざまなはず。

今回は、男性が「この子と付き合おう」と決める瞬間をご紹介します。

気になる男性がいる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

告白されたいなら♡男性が「この子と付き合おう」と決める瞬間

「一緒にいて楽しい」と感じたとき

そもそも「付き合いたい」と思ってもらうには、一緒にいて楽しいと思ってもらうことが不可欠でしょう。

一人で過ごすよりも、2人で過ごすほうが楽しいから「付き合いたい」と感じるはず。

そのためには、男性にすべてをゆだねて待っていたり、積極的に会話を盛り上げなかったりしてはいけません。

彼に「一緒にいて楽しい」と思ってもらうための、さまざまな工夫が必要になります。

会話の相づちやリアクションに気を遣ったり、彼の負担になりすぎないよう心がけたり……。

そうしたことの積み重ねで、彼に楽しさを感じてもらえたなら、関係を進展させられるかもしれませんよ。

ほかの男性の存在を感じたとき

お互いになんとなく両思いだとわかっている期間は、気持ちの探り合いを含め、とっても刺激的で楽しいでしょう。

しかしそれがだらだら続いてしまうと、「なんか冷めた」や「このままでいいかな」と思われることになるかも。

そうならないためには、彼に少しの危機感を与えるといいでしょう。

「ほかの人に好意を寄せられている」ということがわかると、彼は「自分のものにしたい」と思い、動き出すはず。

男性の多くは、そういった競争で勝利をすることに喜びを感じる人も。

ほかの男性の存在を匂わせて、彼の「付き合いたい」の気持ちを後押ししましょう。

好意を確信したとき

告白をするには、かなりの勇気が必要です。

「ダメでもともと」なんて、成功の見込みがないのに告白しようとできる人はそう多くいないはず。

彼から告白をしてほしいと思うのなら、あなたが彼に好意があることを伝える必要があります。

何度もデートを重ねたり、好意をほのめかすような発言をしたりして、彼に気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

待っているだけではダメ

ただ待っているだけでは、気になる男性と付き合えることはほぼないでしょう。

自分から行動を起こすことで、彼の告白への意識を高めることができるはず。

勇気を出して、好意を示してみてくださいね。

(オルカ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)