ちょっといいなと感じている人や、付き合いはじめた彼と、結婚したらどうなるのでしょうか?

彼の素顔を知って、もっと好きになるのか、それとも、ガッカリしてしまうのか。

そこで今回は、「夫婦としての相性」を、生まれ年の干支で占います。

ランキング形式で発表していきますよ!

男女の干支でわかる♡結婚したら「理想の夫婦」になるカップルTOP5

5位…未(ひつじ)年の男性×午(うま)年の女性

実力はあるのに、引っ込み思案な未(ひつじ)年生まれの男性。

前に出ていくよりも、周囲と足並みをそろえて生きることを選んでしまいがち。

そんな姿を見て、じっとしていられないのが午(うま)年生まれの女性です。

幸運は自分でつかむべきだというのが信念なので、夫の手を引っ張りながら一緒に走り出すでしょう。

「夢は夫婦で見るもの、叶えるもの」を体現するような、ステキな夫婦になれるはず。

4位…寅(とら)年の男性×戌(いぬ)年の女性

目立ちたがり屋で、好奇心旺盛な寅(とら)年生まれの男性。

交際費や趣味のためにお金を使うことが多いようです。

そのせいか金銭感覚がゆるく、どれだけ稼いでも、あったらあっただけお金を使ってしまいがち。

そんな夫をしっかり管理できるのが、戌(いぬ)年生まれの女性。

無駄なく計画性を持って人生を構築できるタイプなので、そんなふたりなら、「勝ち組」夫婦として周囲からうらやましがられるでしょう。

3位…子(ねずみ)年の男性×丑(うし)年の女性

繊細で神経質なところのある、子(ねずみ)年生まれの男性。

家事や家庭内の決めごとは最初にちゃんと決めておきたいタイプで、なぁなぁで済ませようとすると、イライラしてしまうかも。

いっぽうで、丑(うし)年生まれの女性は物ごとにあまりこだわりはないので、夫に合わせてあげられるでしょう。

夫は、それを「妻の愛の深さゆえ」と解釈するので、家庭は円満。

実は夫が妻にほれ込んでいる、仲睦まじい夫婦なのです。

2位…酉(とり)年の男性×辰(たつ)年の女性

完璧主義の傾向がある、酉(とり)年生まれの男性。

プライドが高くて、自意識の高さも相当なものです。

いつも誰かの目や評価を気にしてしまい、完璧であろうと振る舞うので、疲れてしまうことも。

いっぽう、辰(たつ)年生まれの女性は自然体でいられる人。

自分をしっかり持っているので、周囲に振り回されることがありません。

夫はそんな妻の姿を見つつ、あるがままのふたりで、肩の力を抜いて生きられるでしょう。

1位…戌(いぬ)年の男性×卯(うさぎ)年の女性

真面目で働き者の戌(いぬ)年生まれの男性は、とにかく面倒見が良い性格。

家族に対する愛情が深く、自分の親はもちろん、義理の両親や子供の面倒など、嫌な顔ひとつ見せずにやってくれるでしょう。

卯(うさぎ)年生まれの女性は甘え上手ですが、自分でできることや判断できることについては、夫を煩わせません。

そんな妻の気遣いに感激し、夫の妻に対する愛情はますます深く細やかになるでしょう。

まさに、理想的なステキな夫婦と言えます。

理想の夫婦になるために…

単なる恋人同士のときと違い、結婚するとお互いの協力と努力なくしては、ともに人生を歩んでいくことはできません。

家事や子育て、親戚付き合いなど、ひとりでは抱えきれない問題でも、ふたりで努力すれば乗り越えていけるもの。

お互いを認め合い、愛し慈しみ思いやることができれば、理想の夫婦として幸せになれるはずです。

(星谷礼香/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)