付き合っている彼の態度が冷たいと「別れたりしないかな……」と不安になりますよね。

彼の気持ちを読み解くことができれば、別れを早めに察知して対策できるかもしれません。

そこで今回は、男性が「別れを考えているとき」のサインをご紹介します。

もう無理かも…男性が「別れを考えているとき」のサイン4つ

1.自分からデートに誘わない

別れを考えている男性は、自分からデートに誘わなくなることがあります。

「彼女に会いたい」「彼女との時間が楽しい」などの動機があるからこそ、デートしたいと感じるもの。

モチベーションが下がると「デートするのが億劫だな……」と思って行動に移せなくなるのです。

彼がマンネリしている様子のときは、彼の関心があるデート内容を選んだり、日帰り旅行などのワクワクするプランを練ることが大切でしょう。

2.連絡が少なくなる

多くの男性にとって、連絡は面倒なようです。相当好きな相手でもないと、なかなかLINEなどのやり取りは続かないかも。

彼が最低限の連絡しかしない場合、まずはデートで直接対面しているときの会話を工夫しましょう。

「彼女との会話が楽しい」という前提があれば、自然とLINEも続きやすくなります。

また、「LINEは必要ない」という価値観の男性もいるため、連絡の量だけで愛情を測りすぎないことが大切です。

もしLINEを送るときには、返信しやすいシンプルな内容で、彼が共感しやすい話題を選びましょう。

3.触れようとしない

好きではない人とのスキンシップは、自分を偽っているような気分になるもの。

彼がスキンシップを避けて触れようとしないにときは、それ以前の信頼関係が崩れているのかもしれません。

スキンシップはコミュニケーションの延長にあります。彼に不信感を与える出来事はなかったか、彼と意思疎通ができているか振り返ってみましょう。

会話が雑になっていたり、恋人への思いやりや愛情表現が少ないと、その先のステップへは進みにくくなります。

4.不満やダメ出しが増える

急に彼からの不満やダメ出しが増えたのなら、ネガティブな気持ちが溜まって噴出しているのかもしれません。

別れる理由を探している可能性もあるでしょう。

不満やダメ出しを伝えているうちは、少なからず「期待」が残っているためまだ修復の余地があります。

なにも言わなくなったら、そのときは「完全に冷めたサイン」なので注意しましょう。

彼から指摘をされたときには、まずは「嫌な気持ちにさせてごめんね」と謝ってから話し合うと、彼の気持ちに寄り添った印象を与えられますよ。

手遅れになる前に…

別れの兆候を見つけたら、早めに対処することが大切。

多くの男性は、別れを告げる前にさまざまな場面でサインを出しています。

「デートやコミュニケーションが楽しくない」「不満が改善されない」「信頼関係が壊れている」などの問題は、ふたりが向き合ってこそ少しずつ良くなっていくもの。

一度乗り越えられれば、きっとその先の恋愛はどんどん円滑になっていきますよ。

(岡あい/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)