気になる男性に関しては、好きだからこそ知っておきたいと思うことがあるでしょう。

しかし好きだからこそ聞けない……なんてこともあるはず。

それは男性も同じなのだとか。

今回は、男性に「聞きたいけど聞きにくい女性の本音」について質問してみました。

男性の考えを知りたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

興味はあるけど…!男性が聞きたくても聞けない「女性の本音」

1:好きな男性のタイプ

「気になる女性の場合は、これまでどんな男と付き合ってきたのかとか、どんな男がタイプなのかは聞いてみたいなって興味をそそられますね。

あんまりぶしつけに聞くことじゃないと思っているので普段は聞きませんけど、お酒が入ってたりすると聞いちゃうこともありますね」(29歳男性/コンサル)

聞きづらいけどやっぱり気になるのは、恋愛の話だそう。

過去の恋愛遍歴や好きなタイプが王道なようです。

この質問をされたときには、なんて答えるのかをあらかじめ準備しておくと安心ですね。

2:コンプレックス

「僕は、相手のコンプレックスがどこにあるのかに興味がありますね。とくに美人でスタイルがよかったりするとコンプレックスなさそうだけど、じつはきっとあるんだろうなって……。

そういう誰かの弱さみたいな部分に惹かれるんですよね」(34歳男性/エンタメ)

どんなに親しい人が相手でも、コンプレックスを明かすのには勇気がいりますよね。

だからこそ、それを打ち明けられると一気に親密さを感じるよう。

本当に気にしていて言えないことは無理して言おうとせず、気になる男性に伝えられるレベルのコンプレックスを用意しておくといいかもしれませんね。

3:知らない姿

「自分のタイプの子と話していると、『この子ってひとりで部屋にいるときは、どんな風に過ごしてるんだろう?』って無性に聞きたくなりますね。

でもそのまま聞くと変な人だと思われそうなのでなかなか聞けません」(23歳男性/学生)

気になる人のことは、普段見ている姿以外の様子も気になりますよね。

家ではどう過ごしているのかや、ほかの人の前ではどう接しているかなど……。

私生活を明かさずにいると、彼の心を掻き立てられるかもしれませんよ。

興味をそそる存在に

男性も、気になる女性に関しては聞きたくても聞けないことがあるよう。

すべてをさらけ出している女性よりも、少し謎がある女性のほうが男性の興味をひきやすいのかもしれませんね。

その二面性をうまく活用してみてはいかがでしょうか。

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)