LINEは、意中の彼との距離を縮めるにも有効な手段のひとつ。

お互いに楽しいやり取りを続けられたら、きっと自然と惹かれ合っていくのではないでしょうか。

そこで今回は、男性が「楽しい」「もっとLINEしたい」と思うLINEのコツをご紹介します。

男性が「もっとやり取りを続けたい」と思うLINEのコツ

テンポがいい

「ポンポンと会話できると、それだけで楽しくなってくる。そこはけっこう大事なポイントだと思います」(28歳男性/IT)

LINEは基本的には、短文でテンポよく話していくのに適しているツール。

テンポよく話せると、会話が弾んでいる感じがするし、ノリが合う印象にもなるので、男性も「楽しいな」と自然に思えるはず。

いちいち間が空くのは嫌がられやすいので、なかなか返信できない状況のときには、「ごめん!またあとで連絡するね」と正直に言ったほうがいいかもしれません。

文章の量

「どっちかがずっと喋っているんじゃなくて、お互いに色々と話せると楽しい。それなら不満とかもたまらないですしね」(31歳男性/人事)

会話はバランスが大切なので、どちらかが一方的にずっと話しているのは、あまりいい状態とは言えないかも。

大体同じ文量ずつくらい話せていれば、ふたりとも言いたいことは言えて、相手の話もきちんと聞けているでしょう。

そして、そういった会話なら、お互いにストレスを感じず楽しめるでしょうから、自分だけが話していないかは気にかけておくようにしてくださいね。

ダラダラしない

「無駄に長くなると、最終的にはうんざりしてきちゃいます」(30歳男性/自営業)

男性は、ダラダラといつまでも長く続くLINEを苦痛に感じがち。

気になる男性とは、ずっと話していたいと感じるかもしれませんが、それが嫌われる原因になる危険性も。

ひと盛り上がりしたところでスパッと終わらせたほうが、「もうちょっと話したいかも」という気持ちにさせることができて、男性の心をつかめるでしょう。

ノリの良さ

「くだらないボケでもツッコんでくれると、単純にすごくうれしくなる。距離が縮まった感じもするかも」(27歳男性/マスコミ)

多くの男性は女性を笑わせたいと思うものですし、笑ってくれたら素直にうれしいと感じるようです。

それはLINEでの会話でも同じなので、もし男性がボケたなら、スルーはしないであげましょう。

軽くツッコんだり、スタンプで反応をしたりすると、一気に会話が楽しくなるはずですよ。

楽しいLINEで好印象に

楽しいLINEのやり取りができると、自然と仲良くなっていくものですよね。

そこから恋愛へと発展していく可能性だってもちろんあるので、大事なカギを握っているとも言えるでしょう。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)