好きな人との1回目のデートのあと、いつまで経っても2回目のデートに誘われない……。

そんな経験をしたことのある女性は多いのではないでしょうか。

1回目のデートに応じてくれたということは、少なからず好意はあったはず。いったい何がきっかけで、男性の心が離れていってしまうのでしょうか?

その原因なども含めて見ていきましょう。

2回目のデートに誘われない理由は…?男性が「いまいち」だと感じる女性の特徴

会話がつながらない

コミュニケーションは恋愛の土台。

会話中に「反応が微妙」「頑張らないと続かない」と感じると、男性は喋ることに手一杯になってしまうでしょう。

そして、女性の魅力に目を向ける余裕がなくなり、次のデートに誘う理由が見つけられなくなるのです。

反対に、会話上手な女性と過ごすと、男性は力を抜いてリラックスできます。

「綺麗な瞳だな」「さりげない動作が綺麗」「気遣いが上手」など、細かい魅力にたくさん気付いて、好印象にるつながるんです。

そのため、女性から話題を振ったり、適切なリアクション・相づちで雰囲気を良くしましょう。

とにかくお金がかかる

気前よく奢ってくれる男性も、内心は「高額なデート代はキツい」と感じています。

一人暮らしや金銭感覚のしっかりした男性ほど、目の前の女性と付き合った場合の出費をシビアに見ているのです。

また、プライドの高い男性は「NO」が言えずに我慢してしまいがち……。

女性に幻滅されたくない一心で支払った結果、家に帰ってから「次のデートはやめておこう」と思うのだとか。

そのため、彼が奢ってくれるときには、女性からもコスパの良いデートプランを提案することが大切です。

笑いのツボ・価値観が合わない

デートで仲を深めるには、笑い合ったり共感することが欠かせません。

しかし、「笑うタイミングが合わない」「好きな話題で盛り上がらない」となると、デート中のやり取りが苦痛になってしまいます。

男性が苦痛になる瞬間の多くは、自分の感情と異なるリアクションをされた時。

そのため、彼の価値観や感情のゆれを見逃さないように、いま彼がどんな気持ちなのかを考えましょう。

相手のことを完全に理解することは困難です。

しかし彼の小さな変化に気付くことができれば、ズレを回避しやすくなりますよ。

相手の目線に立ってみよう

今回ご紹介した項目をふくめ、共通する冷めてしまうきっかけがあります。

どんな瞬間に男性目線で「違う」と感じるのかを知り、極力ズレを減らすように意識してみましょう。

また、自分自身で分かりにくい時には、信頼できる友だちに相談してみるのもアリ。

とくに男友だちからの意見は、異性目線だからこそ参考になるかもしれませんよ。

(岡あい/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)