将来のためや目標のために節約し、貯金を頑張るのは素晴らしいことです。

しかし、度が過ぎると「ケチ」だと思われることも。

今回は、男性に「ケチだと感じた女性の言動」を聞いてみました。

節約中の方はぜひチェックしてみてくださいね。

節約上手のつもりが…男性がケチだと感じる女性の言動

お店の備品を持ち帰る

「前に付き合ってた子はお金が全然ないっていつも言ってて。

デートでファミレスに行ったときには、いつもドリンクバーのところに置いてあるティーバッグを何個か持って帰ってました。流石に引きますよね」(31歳男性/教育)

ほかにも、ホテルのアメニティを持って帰るのもケチだという意見がありました。

無料だからといって、その場で使わないものを持ち出すのは男性に引かれるかもしれません。

モラルがないと思われかねないので、その場で使わない備品は持ち出さないようにしましょう。

美容院にはめったに行かない

「元カノが『美容院ってなんであんなに高いんだろうね。私は年に2回くらいしか行かない。お金がもったいないから』って言ってたんですけど、やっぱり髪型がかわいくなくて。

ただ伸ばしているだけでケアができてないんです。人としてそれはどうかと思いますが、本人には言えませんでした……」(25歳男性/不動産)

たしかに美容院では、カットだけでなくカラーやトリートメントもプラスすると、それなりのお金がかかることも。

しかし髪の毛のケアが行き届いていないと、不潔な印象になります。

セルフケアに力を入れたり、伸びてきたらそろえに行ったりするだけでも、清潔な印象を保てるはずですよ。

冬のお風呂は2日に1回

「学生時代の同級生と付き合ってたときに、『冬は光熱費の節約のためにお風呂は2日に1回しか入らない』って言っててドン引きしました。

見た目がかわいい子なので、余計にショックが大きかったです」(23歳男性/SE)

いくら節約のためとはいえ、お風呂を入らないのにはかなりの人がドン引くはず。

仮にそうしていたとしても、周囲には言わないようにすべきでしょう。

いつもお昼は菓子パンだけ

「会社のお昼休憩にいつも菓子パンを食べてる子がいて、すごく菓子パンが好きなのかと思っていたんです。

でもある日話していたら、節約のためにコンビニで一番安くてお腹に溜まるものを選んでいるだけだって……。それなら自炊すればいいんじゃって思いました」(30歳男性/メーカー)

職場のお昼休憩では、食べているものの話になることもあるでしょう。

節約のためとはいえ、安い菓子パンばかりを食べていては、周囲を驚かせることも。

栄養が偏ったものをとった結果、将来美容や健康のためにお金を使う……なんて本末転倒になりかねませんよ。

今一度見直してみよう

節約すること自体はいいことですが、その方法によっては周囲にドン引きされることも。

削らないほうがいい部分もあることを考慮して、削るべきところを削るよう意識しましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)