彼氏との付き合いが長くなってくると、お互いの存在が当たり前になりがちに。

感謝の気持ちをきちんと伝えられていますか?

今回は、男性が喜ぶ「感謝を伝えるタイミング」を4パターンご紹介します。

言葉にするのが大切♡彼氏が喜ぶ感謝を伝えるタイミング

1:なにかをしてもらったとき

彼になにかをしてもらったとき、きちんと「ありがとう」と伝えられていますか?

「○○してくれて」という言葉を追加すると、より感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

感謝の気持ちは伝えてそれで終わりではなく、彼に「もっと頑張ろう」と思わせる効果もあるのだとか。

ささいなことにでもお礼を言えるといいですね。

2:一緒についてくれたとき

デートでは、お互いの要望に付き合う形で行き先を決めることもあるでしょう。

あなたが好きな歌手のコンサートや、流行りのカフェに行くときには、彼は興味がなくてもついてきてくれているはず。

そんなときには「一緒に来てくれてありがとう」と伝えるようにしましょう。

「喜んでくれるのなら、もっといろんなところに行ってあげたい」と思ってくれるかもしれませんよ。

3:電話をしたとき

彼との連絡は、LINEを使う人がほとんどだと思います。

たまには電話をすることもあるでしょう。

電話はお互いの時間をそのまま消費する行為でもあります。

電話が終わったときには、「声が聞けてうれしかった」や「電話してくれてありがとう」と伝えてみるといいでしょう。

4:スキンシップのあと

付き合っていると、ハグやキスなどスキンシップをとることもあるでしょう。

それだけを愛情表現とせず、そのあとに「大好き」や「いつもありがとう」と伝えられると、彼のうれしさが倍増するはず。

普段は恥ずかしくて言えない人も、スキンシップのあとなら伝えやすいのではないでしょうか。

ぜひ試してみてくださいね。

タイミングを工夫してみよう

感謝の気持ちは、いくら伝えても多すぎるということはありません。

せっかくなら、彼に喜んでもらえやすいタイミングで伝えてみませんか。

あなたへの愛がさらに深まるはずですよ。

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)