彼氏に「好き」と言われる回数が少ないと、不安になることもあるはず。

そこには彼のどんな思いがあるのでしょうか。

今回は、男性が彼女に「好き」と言わない理由を4パターンご紹介します。

不安になる…男性が彼女に「好き」と言わない理由4パターン

独自の考え方があるから

「好き」と伝えることに対して、独自の考えや価値観を持っている男性は、なかなか口にしないようです。

たとえば、「結婚を決めた相手にしか言わない」など……。

そんな彼には、「好きって言って?」とおねだりしても、効果がないでしょう。

なにか考えやこだわりがあるかもしれないので、「なんで好きって言わないの?」と、軽く聞いてみてもいいかもしれませんね。

「好き」がわからないから

自分のなかで「好き」という感情が定まっていない男性は、相手に伝えることが難しいのだとか。

とくに自分に自信がなかったり、悲しい過去があったりする場合は、このパターンになりやすいよう。

ある程度自分のなかで「好き」を大切にしていないと、他人に伝えることはできないのかもしれませんね。

あなたのほうからたくさん愛を伝えてあげて、「好き」に近付いてもらいましょう。

行動で示しているつもりだから

男性のなかには、言葉よりも行動を大切にしている人も。

そんな男性は、「好きって言わなくての伝わってるだろう」と考えている傾向があります。

そこに「なんで好きって言ってくれないの?」などと聞くと、彼の反発心をあおることになるかも。

まずは彼の態度を観察し、そこに愛があるかをい極めましょう。

好きすぎて言葉にできないから

彼女のことを好きすぎるあまり、言葉にできないという男性もいるよう。

いわゆる「好き避け」のような状態ですね。

この場合は、あまり心配しなくてもよさそう。

言葉による愛情表現が少なくても、彼の言動から愛を感じられるはずですよ。

行動にも注目しよう

言葉で伝えてもらえたらわかりやすいですが、言葉がないからといって、愛がないわけではないようです。

彼の言葉ではなく行動を見ると、彼の気持ちがわかるかもしれません。

焦らず彼の気持ちを確認してみましょう。

(岡あい/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)