気になる人ができると、思わず「好き避け」しちゃう……という女性もいるでしょう。

ただ本当は素直になりたいのに!と、悩んでいる女性も少なくありません。

そこで今回は、そんな「好き避け」との上手な向き合い方を、3つご紹介します。

シャイガール必見!「好き避け」との上手な向き合い方

自分のなかで「好き」を認める

気になる人ができると、ついツンツンした態度を取ってしまう女性っていますよね。

そうしたときに考えたいのは、まず自分の相手に対する気持ちです。

好き避けしてしまう自分と、真正面から向き合ってみてください。

相手のことを避けしてしまうのは、どうしてなのか。

本当に好きだから?それとも他に理由があるのか?などなど。

ここで言う「他の理由」とは、たとえば、職場など同じコミュニティにいるから周りに思いを悟られたくない、などがあります。

もし相手への思いが「好き」と判明したら、そんな自分の感情を認めてあげてくださいね。

「仕方ない」と受け止める

ほかにも、もともとの女性の性格ゆえに、好き避けすることもあります。

そんなときは、もう「好き避けするのは仕方ない」と受け入れるのもアリ。

たまに相手と向き合えたタイミングで、少しずつ好意を伝えていけばいいのです。

じっくり時間をかけて関係を深めるのも、いいと思いますよ。

気持ちを小出しに見せる

好き避けする女性は、それだけ恋愛中も、冷静に相手と向き合えている証拠。

女性によっては好き避けすることで、無意識に「相手の印象づけたい」と考えているのかも。

ただ、どれだけ心の内側に熱い思いを秘めていたとしても、相手に伝わらなければ、恋は進展しにくいもの。

ですから、ぜひ少しずつ自分の気持ちに素直になってみて。

たとえば相手の目をじっと見つめる、目が合ったらほほ笑むなど、簡単なことからでOK。

そうやって少しずつ気持ちを小出しにすることで、相手からも何らかのリアクションがあるでしょう。

すると、恋そのものに対して、女性自身の自信に繋がっていくはずですよ。

まずは気持ちの整理を!

恋はアプローチも大事ですが、自分で「好き」という気持ちをどう受け止めるかも大事。

その気持ちの整理ができれば、アプローチもすんなりと進んでいくはず。

まずは自分の心の内側を整理して、まっすぐに彼に向かっていきましょう♡

(柚木深つばさ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)