気になる彼や、彼氏思いの女性のなかには、「彼に喜んでもらいたいけど、なにが嬉しいんだろう」「負担になることはしたくないけど、なにかしたい」と悩むこともあるかもしれません。

そこで今回は、男性が「好きな人にされて嬉しかったこと」をご紹介します。

男性が喜ぶことって、意外と単純なんだとか。

意外と単純?男性が「好きな人にされて嬉しかったこと」

自分の好みを考えたお土産をくれた

「すこし前にデートをしていた女性から『〇〇君、こういうの好きかなと思って』と海外旅行のお土産をもらったことがある。

いろんな人へ配る用に、とりあえず大量に買ったものではなく、俺だけのために選んでくれたというのがすごく嬉しかった」(30歳/不動産)

大量に買ってきたお土産のなかのどれか、ではなく自分のためだけにどれがいいか考えて選んでくれた物の方が、誰だって嬉しいですからね。

「あなたのために考えたよ」というのが喜ばれるポイントです。

落ち込んでいるときに励ましてくれた

「なにかをチャレンジするかどうかで迷っていたり、自信が持てなかったりするときに、背中を押す言葉をくれるとか……。

落ちこんでいるときに、心をかるくする言葉がもらえるとすごく心強いし、こころに寄り添ってもらえている感じがして嬉しい」(27歳/金融)

言葉ってひとを深く傷つけることもありますが、救うこともありますよね。

心にひびく言葉というのは、かけがえのないものだし、心にのこるんです。

彼のそのときの感情に合う言葉をかけるというのは、仲を深めるうえではすごく大事かも。

ケンカをすると先に折れてくれた

「ケンカのときに、先に折れて謝ってくれるのがありがたい……。自分、意地っぱりで折れたくてもどう折れていいかわからないから、今までの元カノたちとはケンカ別ればっかりで……」(25歳/フリーランス)

ケンカになってお互い意地を張り、連絡を何日も取らない……というのは辛いですよね。

謝ったら負けとでも思っているのかもしれませんが、正直ケンカなんて先に謝ったもん勝ちですよ。

意地を張って、いつまでもケンカを続けていてもあまりいいことはないかと。

内面を褒めてくれた

「デートのときに『センスいい!』とファッションを褒めてくれたり、荷物を持ったら『ありがとう。優しい♡』とお礼を言ってくれたり……。

電話しているときには『声聞いていると落ちつく』と嬉しいことを言ってくれたり……何かと俺の内面を褒めてくれる」(31歳/IT)

褒め言葉を言われて嫌がる人なんていません。

彼との関係をよくするためにも、日頃から褒め言葉をかけるのは大事です!

自然と褒め言葉が言えるような女性は素敵ですよ。

小さなことでも喜んでくれるみたい

そんな特別なことや、大げさなことじゃなくても、気になる女性からなら男性は喜んでくれます!

「彼を思った言動」というのはやっぱり嬉しいんですよ。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)