人生は「気づき」の連続です。

必要なメッセージを受け取ることで、ほんの少しでも人生がいい方向へ変わるかもしれません。

今回は、「数秘術」を用いて「あなたに授ける幸運のメッセージ」をご紹介いたします。

数秘術とは生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。

(例)1980年3月14日の場合。

生まれ年1+9+8+0=18、1+8=9、生まれ月の3はそのまま、生まれ日1+4=5、全部合わせて9+3+5=17、1+7=8、よって、1980年3月14日生まれの人のナンバーは「8」です。

数秘術で占う!あなたに授ける「幸運のメッセージ」

ナンバー1・8のタイプ

「つまずきは成長するための布石」

いつもエネルギッシュではありますが、時に火が消えたように大人しくなってしまうことがあります。

それは、自分の計画が思い通りに進まないとき。

もしかしたら短気になったり、怒りを溜め込んだりするかもしれません。

そんなときこそ、立ち止まって考えるという選択肢を考えてみましょう。

つまずきを学びに変えていくことで、あなたはさらに大きく羽ばたいていけるはずです。

1の人は、周囲の人の長所を3つ思い浮かべてみましょう。

8の人は、人生には本当の負けは存在しない、と考え方を転換させてみて下さい。

ナンバー2・9のタイプ

「積極的にトラブルの中に飛びこんで」

トラブル対処能力がかなり高いにも関わらず、いざ自分のこととなると引いてしまうところがありそう。

組織のためなら俄然勇気が湧いてくるあなたでも、プライベートな問題を対処するのは、苦手かもしれません。

そこで引いてしまうのではなく、自分から積極的にトラブルの渦の中に分け入ってみてください。

揉まれることで、自分の弱いところを乗り越えて、何事にも積極的になれるはずです。

2の人は、怒ってくれる人を悪い人だと決めつけないようにしましょう。

9の人は、区別をせずに無条件に相手を尊重することを忘れずに。

ナンバー3・5・6のタイプ

「人の中で対流することで磨かれる」

あなたは人を楽しませたり、喜ばせたりするのが得意なタイプと言えるでしょう。

そのため、フットワーク軽く動き回ったり、自分の足でたくさんの人とつながっていくことを好むようです。

組織の中にいると飽きてしまいがちなので、常に人の輪の中で対流すると良いでしょう。

お調子者と呼ばれるシーンもあるかもしれませんが、あなたが持つサービス精神は、多くの人達を感動させるはず。

3の人は、相手の話に口を挟まず最後まで聞く姿勢を持ってみて。

5の人は、ライバルを見つけて心の中で勝負するといいかも。

6の人は自分よりも年の若い友達をつくってみましょう。

ナンバー4・7のタイプ

「日常から遊離して心の声を聴く」

あなたは徹底して仕事にあたることは得意ですが、自分の心の声に耳を傾けるのはやや不得意なところがあるようです。

日常のペースを崩さず、日々コツコツ物事に取り組む姿勢は素晴らしいのですが、そこから抜け出すことによって得られるひらめきや新しい発見は、なにものにも代え難いこともあります。

時にはハメを外してみたり、いつもと異なった行動をとってみることも大切かもしれません。

4の人は、習慣の中に少し変化をつけてみて。

7の人は、少し遠出をして幸せの意味を考えてみましょう。

生年月日にはパワーが宿る

古くから、生年月日にはその人「固有のパワー」が宿っていると信じられてきました。

そこから様々なことを知ることができるとされたため、自分の生年月日を教えることは、弱みを知られることに等しいとまで言われたそうです。

そんな生年月日占いを上手に活用して、自分自身のことをもっと深くまで知ってみましょう。

水の一滴が硬い岩を穿つように、ひとつの言葉で未来が変わるかもしれませんよ。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)