イイ感じの男性がいると、「告白はいつ頃かな……」とどきどきしながら待つこともあるでしょう。

しかし、相手によっては待てど暮らせど「付き合って」の言葉もないまま時間だけが過ぎていく……なんてことも。

そこで今回紹介するのが「告白するきっかけを男性に与える言動」です。

彼に告白してもらうために、こん方法を試してみてください!

ちょっとした「きっかけ」が大切!気になる彼に告白してもらう方法

ほかの男性の存在を匂わせてみる

「『あ、この映画〇〇さんに誘われたんだよねー。行ってみようかな……』と、ほかの男性からアプローチを受けていることを知って焦りました。決心して、翌週には告白しましたよね」(26歳男性/営業)

気になる女性がほかの男性からもアプローチを受けていることを知ったとき、「取られたくない!」と奮起する男性は多いようです。

あからさまなアピールではなく「〇〇くんから電話あってさー」「この前〇〇くんとお茶したんだけど……」など、あくまでさりげなくほかの男性からのアプローチがあることを伝えましょう。

きっとあなたの気になる彼も、告白を意識してくれるはずです。

LINEでプライベートな話をしてみる

「LINEで『返信おそくなってごめん!いまお母さんと~』とか、最近はプライベートな話題がよく出てくるようになってきてます。これは告白してもいけるんじゃないかって思いましたね」(28歳男性/メーカー勤務)

恋愛関係を進める上で大切なLINE。プライベートな話題を出されると、男性は「もっと距離を縮めてもいいのかな」と思うようです。

告白してほしい男性には、「さっき起きた!」「今からご飯です~」「週末ひまなんだよなぁ」など、プライベートな話題もどんどん出していってみましょう。

「彼女いるの?」と聞いてみる

「『〇〇さんってモテそうですけど、彼女いるんですか?』って聞かれてから、意識するようになってますね……」(21歳男性/学生)

本人から直接「彼女いるんですか?」と聞かれると、「この子は俺に興味を持ってくれてるんだな」「好意を持ってくれてるのかもしれない」と感じる男性は多いようです。

彼女の有無を問うだけでなく「私、彼氏いないんですけど」「〇〇くんって最高だよね」など、自分から好意が伝わるようなメッセージもプラスできるとより効果的でしょう。

告白のきっかけを与えてみよう!

ほかの男性からアプローチを受けていることを知ったり、自分への好意を確信したり、LINEでの話題が親密なものになっていったりと、男性が告白を決意する瞬間はさまざまです。

片思い中の男性に自分から告白する前に、彼からの告白をうながすようなアクションをとってみてはいかがでしょうか。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)