相手に「察してよ」とイライラしてしまうこと……あなたにもありませんか?

もし彼があなたの想いをうまくキャッチできないのなら、しっかりと「伝わるように」気持ちを話すことが大切です。

今回は「イライラしないための方法」を、いくつかをまとめてみましたのでご紹介します。

好きだけどどうしても…彼氏に不満があるときの対処法

不満は「直接」言おう

ムカついて「どうして!」となる前に、あなたが思う不満を「はっきり」伝えましょう。

もし彼氏が言わないと気づかない人なのであれば、その度に言うしか方法はありません。

察しが良い男性でも、性別が違えば優先順位や感じ方が違います。

少しのことでもイライラするなら、すぐ言いましょう。ただ、直接わかりやすく。

彼にどうしてほしいと思っているのか、何が嫌なのか。それを明確に伝えるのです。すると彼もわかってくれて、解決するでしょう。

伝えるときはできるだけ冷静に

彼に対してイライラしていても、ケンカ腰で言わない。これが大切です。

冷静に事実だけを伝え、感情的にならないようにしましょう。

彼氏には淡々と要望だけを伝えます。ネガティブな感情は脇に置いて、用件だけを話すのが良いのです。

いつの間にか関係が安定して、不満も減ることでしょう。

ものごとは細かく聞くこと!

小さな不満でも、時間が経てばふくれ上がってきます。

少しでも気になったことをすぐに言えばいいのですが、「私がどうして怒っているかわかる?」といった回りくどい質問はしないこと。

このような言い方をされたら彼氏は不快に思い、あなたの言いたいことが伝わらないでしょう。

そんなときは「職場には女性が多いらしいってね。それが仕事の付き合いだったとしても合コンみたいなノリになっちゃうんじゃないの?私は嫉妬してしまうし、不安になる。だから飲み会には行かないでほしいの」と細かく説明するのが吉。

「言う必要あるかな」と思う内容まで伝えた方が安全ですよ。

不満は言葉に出そう

恋人同士も結局は人間関係。不満を言わないと気持ちは伝わりません。

イライラしたら我慢せず「何が不満なのか」などを分かりやすく伝えましょう。

感じたことを口に出すことで、自分のメンタルは穏やかに保たれます。

ただし、言い方や言葉はちゃんと選びましょう。それだけでも、彼氏との関係がうまくいくはずです。

(沙木貴咲/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)