付き合っていても、ふとその意味が感じられなくなると、別れを想像することもあるでしょう。

男性にもそんな瞬間があるようです。

今回は、男性が彼女との別れを決意する瞬間をご紹介します。

もう無理だわ…男性が彼女との別れを決意する瞬間

自己中心的な態度を見たとき

付き合いたてのころは彼を第一に思って行動していても、付き合いが長くなるにつれて自分優先に……なんて経験はありませんか?

そんな態度の差を感じたり、彼女の自己中心的な態度を見たりすると、別れを考える男性もいるよう。

わがままや甘えも、男性の今日範囲を超えては別れにつながります。

自分の振る舞いを、今一度思い返してみましょう。

なんでも否定されたとき

相手を思ったアドバイスをするのはいいことです。

しかし、頭ごなしに否定するクセはついていませんか?

なんでも言える関係になったからといって、なにを言ってもいいわけではありません。

否定的な言い方をされていい気分になる人はいないはず。

直してほしいところをしてきするときこそ、「こうしたらもっとよくなると思うよ」など、やさしい言い方をするよう心がけましょう。

束縛されすぎたとき

好きだからといって、その結果束縛してばかりいるのは、彼の負担になるでしょう。

彼を思う気持ちがあるのに、彼にうんざりされるのは悲しいですよね。

好きだから縛るのではなく、好きだから信頼するという考えにシフトするのがいいかもしれませんね。

信頼関係が築ければ、2人の絆が強まるはずですよ。

考えがわからなくなったとき

彼女がなにを考えているのかわからなくなったとき、ふと別れが頭によぎる男性もいるよう。

デート中に急に不機嫌になったり、なにかをきいても「なんでもない」ばかりだったり……。

付き合っているからわかりあえていると思うのではなく、コミュニケーションを大切にしましょう。

「言わなくてもわかるだろう」と思うことほど、言わなければわからない場合もあるようですよ。

後悔する結果になるかも

別れを考えると、なにに対してもマイナスに考えてしまうことも。

そうなると、彼の気持ちを取り戻すのは難しいかもしれません。

そうなる前に、できることを続けていきましょう。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)