LINEのやりとり次第で、恋の行方が左右されることもありますよね。

そこで気になる男性に「この子苦手かも……」と思われたら、印象の挽回が難しくなってしまうかも。

そんな展開を避けるため、今回はO型男性の「恋心が冷めちゃうLINE」をご紹介します。

この子苦手かも…O型男性の「恋心が冷めちゃう」LINEとは?

なんでも明け透けに話す

O型男性は、LINEをしている相手の思考をアレコレ想像することで、恋心が盛り上がりやすい傾向があります。

そのため、女性側が自身の情報をオープンにしすぎると、テンションが下がってしまいがち。

気になるO型男性に、恋心を抱いてもらうには、少しミステリアスな部分を残しておくのがコツ。

なんでも明け透けに話さないようにしてみて。

干渉しすぎる

O型男性は、LINEに対してマメではない人も多いです。

それは好きな女性に対しても、同じ傾向があります。

事務的なLINEを送る人も多いため、ぶっきらぼうな印象を受ける女性も多いかも。

そんなO型男性に、やたら干渉しすぎるLINEを送るのはNG。

「今日は仕事?」「何時に終わるの?」などアレコレ質問攻めにあうと、「めんどうな子認定」されるかもしれません。

とくに相手が忙しいときは、注意していきましょう。

意図が分かりづらい&ネガティブ

O型男性は、明け透けに話されるのも萎えがちですが、あまりに相手の意図が分からないのも苦手なよう。

それが好きな女性からのものなら、はじめは丁寧に返信してくれるかもしれません。

ただ次第に、どう対応したらいいか分からなくなることも多いよう。

ほかにも、「どうせ私なんて……」といったネガティブLINEも要注意。

同じく発言の意図が読めず、テンションが下がってしまいがちです。

上から目線っぽい

O型男性とのLINEで一番気を付けたいポイントは、「上から目線っぽくなっていないか」というところ。

たとえばデートの予定を決めるとき、「今度のデートは、11時に〇〇駅集合ね」と一方的に送るのはNG。

ここでO型男性は、「指図されているみたい……」と誤解しがち。

こういった場面では、「今度のデートは、11時くらいに〇〇駅でどうかな?」といった、柔らかい言い方にするのがベター。

すると上から目線っぽさが軽減され、自分の意見も尊重されている、とO型男性に思われやすいでしょう。

ほかにも、絵文字やスタンプを活用し、冷たい印象を回避するのもオススメです。

O型男性に好感を持ってもらうには…

O型男性はちょっぴりシャイな一面を持ちつつも、基本的にポジティブな気質を持っています。

そのためLINEでも、持ち前の明るさを感じられ、楽しいやり取りができるはず。

今回ご紹介したようなポイントに留意して、LINEで気になる彼との距離を、グッと縮めていきましょう♡

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)