上司など同じコミュニティの既婚男性と、LINEする機会もあるでしょう。

そんなとき、既婚男性に「この子、不倫OKかも……」なんて勘違いされたら、ショックですよね。

そこで今回は、既婚男性に「勘違いされるLINE」について、具体的にご紹介します。

この子、不倫OK?既婚男性に「勘違いされる」LINEとは

相手の趣味に興味を示す

「○○さんがほしがっていたアレ。○○で売っていましたよ」「先日教えていただいた本を買ってみました」

こんなふうに、お礼やプライベートな話題をLINEで送る女性っていますよね。

こういったLINE、「あなたと関わりを持ちたい」というメッセージとして、既婚男性に受け取られることがあります。

また、なかには「俺の趣味に興味を持ってくれた」「もしや俺に興味があるのでは?」と勘違いする人も……。

そのまま不倫に繋がりかねないので、要注意なLINEです。

2人きりで会う約束をする

「おはようございます!昨日の件で相談したいことがあるんです。お仕事の前に、コーヒーでも飲みながらお話しませんか?」

「お休み中すみません、今度のプロジェクトで参考になるものを見つけました。できれば一緒に見ていただけませんか?」

こんなLINEをもらったら、「2人きりで会うのはOKなのね」と既婚男性を油断させます。

それに、こういった「2人きり」で会う約束が重なると、誘えば乗ってくれそう……と考える既婚男性もいるようです。

しかも何度も相談を持ち掛ける相手ということは、女性側も気を許している相手であることが多いでしょう。

すると、既婚男性からの押しに負けて「1度ぐらいはいいかな」なんて気持ちにもなるもの。

ちょっとした用事でも、「2人きり」というのは危険かもしれませんね。

長く続く雑談LINE

長く続く雑談LINE

「この間○○へ行って、楽しかったんです!」

「○○さんは、先週末なにしてましたか?」

既婚男性と、こんな雑談LINEをすることもあるでしょう。

ただこういった親しげなLINEが長続きすると、その相手に心を許す既婚男性は多いもの。

そんな女性から、自分がショゲているときにLINEが来たら……。

つい甘えたくなって、その女性との不倫に魔が差してしまうことがあるのだとか。

とくに既婚男性が寂しさを感じていたり、奥さんとケンカしたりしたときなんかは要注意。

既婚男性のなかに、わずかな「隙」ができて、そのまま不倫関係に巻き込まれかねません。

勘違いされないように…

今回ご紹介したようなLINEは、何気なく送っているものも含まれていたかもしれません。

もちろん男性によっては、ただ親しいだけで、不倫する気は全くない!という人もいるはず。

ただなかには、勘違いしてしまう人もいるのです。

「1回だけなら」と思って関係を持つと、案外ズルズルと関係が続いてしまいがち。

その「1回」を未然に防げるよう、既婚男性とのLINEには、細心の注意を払っていきましょう。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)