好きで好きで仕方がなくて、気づいたら彼氏のことを束縛している。

そんな女性は、少なくありません。

なかには、本当は止めたいのに……と葛藤する女性もいますよね。

そこで今回は、彼への「束縛」を軽減するコツを4つご紹介します。

本当は止めたいの…彼への「束縛」を軽減するコツ4つ

彼のSNSを見ない

大好きな人のことは、どんな些細なことだって知りたい!

そんな思いから、彼のSNSをチェックする女性っていますよね。

ただそういった行動は、彼にバレると一瞬で幻滅されかねません。

それに細かくチェックすればするほど、彼がいつどこでなにをしているのか、余計に気になって仕方なくなるもの。

また投稿を見て、「誰と行ったんだろう」、「なんで私を誘ってくれないんだろう」などと不安が募ることもあるでしょう。

そういった不安を増幅させないためにも、彼のSNSは初めから見ない!というのは鉄則です。

夢中になれるものを探す

恋愛をすると、彼だけが生活の中心になる女性っていますよね。

こうなると、やっぱり関心ごとのほとんどは、彼に関することになりがち。

すると、彼に対する比重があまりにも大きくなり、激しい束縛へとつながるもの。

だからこそ、恋愛以外に夢中になれるものを探すのは一つの手。

それぞれの時間を持つことで、2人の時間のありがたみが増すので、自然と絆や信頼は深まっていきますよ。

彼に相談してみる

彼に相談してみる

束縛をしてしまう女性は、自分にあまり自信がないという人が多いです。

自信がないがために、ちょっとしたことで不安が大きくなり、相手の行動を制限することがあるのです。

そんな女性は、不安に感じたときに1人で抱え込まず、彼氏に打ち明けてみるのがオススメ。

話し合って不安が解消されれば、束縛心は薄れていくでしょう。

それに、少しずつ2人の関係に自信を持てるようにもなりますよ。

言動を客観視してみる

「自分がそんな言動を取られたら……?」といった、言動の客観視も有効です。

彼が自分に対してそのような言動を取ったら、自分はどんな気持ちになるか。

そんなふうに「自分ごと」として捉えることで、束縛への意識は変わるものですよ。

彼との関係を長続きさせるために…

激しい束縛をしてしまうと、結局は男性には逃げられることになるでしょう。

それでは悲しい結末を迎えるリスクが高まるもの。

ですから自分のためにも、少しずつ束縛からの解放を目指していきましょう。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)