「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。

友達以上恋人未満な気になる男性をドキドキさせたい……そんなふうに思ったことはありませんか?

今回は、男性が思わず「ドキッとするLINE」をご紹介します。

夜に送ってみて!男性が思わず「ドキッとするLINE」って?

深夜に送る

深夜にもらってドキドキするLINEとは、彼に「あなたとの恋愛を妄想させる」というが大事になります。

彼を喜ばせるために、ストレートに気持ちを伝えるのもありです。

ですが「今日新しいパジャマ買ってみたんだよね」と妄想を掻き立てるような表現ができると、「この子、色気ある子だな」「この子、もしかして俺のことが好きなのかな」と思わせられるかも。

間接的に妄想させることで、男性をドキドキさせてみてください。

寝る前に送る

深夜、寝る前に気になる彼に「おやすみLINE」をする女性は多いと思います。

ここで普通に「おやすみ」と送るのもいいですが、一工夫でドキドキさせちゃうフレーズに化けるのです。

たとえば「今ベッドのなかで、◯◯くんとこの前飲んだときのこと思い出しちゃった。また行きたいな~。おやすみなさい」などと送ってみてください。

まず寝る前に自分のことを思い出してくれたというところでドキッとしますよね。

眠りにつこうと思っていた彼をドキドキさせることができるでしょう。

酔ったときに送る

酔ったときに送る

お酒を飲んでいるとき、好きな人に連絡したくなった経験もあるのではないでしょうか?

「お酒飲んでいたら◯◯くんにLINEしたくなった」このフレーズは、お酒に頼っている感じがするかもしれませんが、男性の妄想を掻き立てやすいもの。

お酒を飲んでいて、酔っているなら無意識的にLINEしたのかな……と嬉しくなるものです。

「酔っているから」の便利なフレーズをつけるだけで、日頃言えない大胆なことも言っても、男性はさほど気にしないでしょう。

最高の言い訳なので、ここぞというときに使ってみてください。

LINEテクを使ってみて!

寝る前やお酒を飲んでいるときなどをうまく使って男性をドキドキさせるLINEを送ってみてください。

あと一歩の距離を縮めたい!という彼にはもちろん、付き合っている彼に送っても愛情表現として効果的ですよ。

今回紹介したLINEテクニックを使って、彼とのやり取りを楽しんでくださいね♡

(TETUYA/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)