気になる彼からは、かわいいと思われたいですよね。

でも、あまりにあざとすぎるのは痛いと思われがち。

では、アラサー以降の女性はどうしたらいいのでしょうか。

そこで今回は、あざといけどかわいい、男性の心を掴むモテテクを4つご紹介します。

あざといけどかわいい♡男性の心を掴むモテテク4選

キラキラした目で自分の話をする

男性は、話すときに瞳を輝かせて熱く語っている女性の姿を見て、かわいいと思うことがあるようです。

ここでは、楽しく夢のある話や感動した話をしている場面を想像してみて下さい。

男性の多くは、女性の瞳が生き生きしているだけで、そこに若さを感じ、愛でたい感情を抱くのです。

とくに、情熱を持っている姿は、躍動感や生命力が現れるため、感化されたい気持ちから男性たちの目に留まりやすくなります。

自分の感情が動いたとき人に語る習慣を作り、彼の前でも自然と熱くなれる女性でいるようにしましょう。

彼と話すときは心から楽しそうにする

男性と接するとき、心から楽しそうにしていると、かわいいと思う男性も多いんだとか。

そんなしぐさから、彼はあなたから好かれていると感じるはずです。

男性はたとえ異性としてでなくても、女性が自分に好意的だと、それだけで意識してしまうことがあるみたいです。

一度意識すると、その女性の魅力に注目し始めるため、かわいいところも見逃さずに把握してくれるはずです。

好きな男性と接するときは「○○くんの話すっごい面白い~!」などのオーバーリアクションで心から楽しそうな振る舞いを。

そうすることで、恋の予感を抱かせてみましょう。

謝るときはしおらしい

普段媚びないキャラの芯の強そうな女性が、たまに「ごめんね」としおらしくなる姿を見て、男性はかわいいと思うことがあります。

異性のギャップにはドキッとさせられるようですね。

そのなかでもとくに、隠されていた弱さがあらわになるというパターンでは、女性の無防備さを強調し、男性の心を引き付けやすいのです。

凜とした大人の女性の顔から、降伏する女性の顔へと変化を見せ、かわいいという「自分より弱い者に対して抱く感情」を彼に起こさせましょう。

頑張った後にご褒美をねだる

なにかを一生懸命頑張る姿を見せた後、男性にご褒美をねだるのも、あざとかわいいテクニックです。

社会で戦う男性が言いたくても言えないのが「ご褒美が欲しい」というセリフです。

その気持ちを正直に表現するあなたに屈託のない子どもの表情を見いだし、かわいさを感じるのです。

また、自分がご褒美をあげる立場、という状況で、自分が面倒を見ている妹のような存在としてかわいいと感じてもらえることもあります。

時には、彼の労力や財力にとって負担のないご褒美をねだり、ペットのようにかわいがられてみましょう。

心にきらめきを秘めた女性が愛される♡

アラサー女性の恋愛対象となる大人の男性は、心のきらめきがある女性をかわいいと感じるようです。

いつも子ども時代のようなワクワク感を胸に抱き、ときめく気持ちを男心に伝染させましょう。

(ちりゅうすずか/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)