気になる男性ができても、相手が消極的な男性の場合、なかなか進展しないこともあるでしょう。

そんなときには、女性からリードすることが必要になるかもしれません。

今回は、消極的な男性と距離を縮める方法をご紹介します。

奥手な彼にはリードも必要?消極的な男性と距離を縮める方法

まずは質問から

「もともと女性と話すのは苦手だったんですけど、会社の飲み会の席で隣になった子がすごく聞き上手だったんです。

『最近週末なにしました?』とか『そのカバン素敵ですよね、どこで買ったんですか?』とかたくさん質問してくれて。

集まりのたびに隣に座ってくれるようになって、自然な流れで告白でき、付き合うことになりました」(28歳男性/事務)

消極的な男性と距離を縮めるためには、質問をして答えてもらうという会話の形を作ることなのかもしれませんね。

まずは答えやすいような、「学生時代部活はなにをやってたんですか?」や「休みの日はなにしてるんですか?」などの質問から始めましょう。

話すのが楽しいと思ってもらえたら、2人の距離が縮まるはずですよ。

デートのきっかけを作る

「消極的な彼にしびれを切らして、ベタなんですけど、テーマパークのチケットを『懸賞で当たったから』って渡しました。

そしたら、パーク内のレストランを予約していてくれたりして、びっくり。最初のリードを私からしてよかったなと思います」(23歳女性/美容師)

自らチケットを2枚用意し、彼をデートに誘うというのも使えるテクニックのようです。

デートのきっかけさえ作ってしまえば、あとは彼とのデートを楽しむだけ……な展開が待っているかも。

事前に彼が興味のある分野をリサーチしておくと、成功率がアップしそうです。

お店選びは一緒に

「中高で男子校だったので、女性との付き合い方がわからず恋愛には消極的です。でも、ゼミで気になる女の子がいて。思い切って食事に誘ったはいいけど、お店選びで苦戦しました。

見かねたのか、彼女の方から『こんなお店あったよ~』ってURLを送ってくれて助かりましたし、雰囲気のあるお店でのデートも成功したかなって思います」(21歳男性/大学生)

恋愛に消極的なタイプの男性は、デートにも慣れていない場合が多いようです。

そのため、デートの約束までたどり着いても、お店選びで苦労することも。

一緒にお店を決めるイメージで、提案したり意見を言い合ったりするのがいいかもしれませんね。

たまにはリードもいいかも

消極的な男性との恋愛は、一筋縄にはいかないようです。

女性がリードをすることで、うまくいくことも。

2人で関係性を作り上げるイメージで接すると、距離が縮まっていくかもしれませんよ。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)