気になる男性ができたとして、その彼といい感じになって告白したものの、返事は「好きだけど付き合えない」……。

こんなことがあったら、もう男性のことを信じられなくなりそうですよね。

しかし、こういうことはけっこう多くあるのだとか。

今回は、男性が「好きだけど付き合えない」と言う理由をご紹介します。

宙ぶらりん…男性が言う「好きだけど付き合えない」理由って?

彼女がいるから

「いい感じだと思ってた彼に『私たち、付き合っちゃおうよ』と言ったら『好きだけど付き合えない』と言われて、なにそれ……と思いつつ引き下がりました。

後日、彼に彼女がいることがわかったんです。諦めきれないので友達のような顔をしてこまめに連絡を取り、彼が彼女とケンカしたタイミングでもう一度プッシュしたら、彼女と別れてくれました」(25歳女性/広告)

彼女がいるにもかかわらず、ほかの女性に手を出した男性がこの言葉を口にすることがあるよう。

本来ならばきちんと関係に区切りをつけてからすべきことを、並行してしまったがために、すぐに切り替えができないのでしょう。

タイミングによってはうまくいく可能性もあるかもしれませんが、同じことを繰り返す恐れがありますね。

都合よく楽しみたいから

「かわいいし会えば楽しいって女の子がいるけど、正式に付き合うとそれなりに責任も出てくるじゃないですか。

定期的に会うとか連絡とか億劫ですよ。それに適当に付き合ってあとから本当に好きな子が現れるのもなんかもったいないし……。

なので正直に付き合えないって言ったほうがいいかなって。一応『好きだけど』とは伝えるけど、それで離れていくなら仕方ないですよね」(28歳男性/商社)

付き合うのは縛られている感じがして堅苦しいけど、楽しい時間は過ごしたい……という気持ちが込められている場合があるのだとか。

お互いにとって都合のいい関係でいられたらいいのかもしれませんが、このタイプの男性にハマるのは危険です。

女性側も飽きたら去るくらいのつもりで接するほうが、男性も追いかけたくなるかもしれませんよ。

やむを得ない事情があるから

やむを得ない事情があるから

「実家にいる祖父の具合が悪いんですけど、仕事が忙しくて帰省できなくて。

地元の友達にもほとんど会えなくてメンタルは最悪。気になる女性が好意を見せてくれたのはうれしかったけど、今付き合うって言っても、とくになにもしてあげられないし……」(28歳男性/不動産)

仕事や家の事情によっては恋愛どころではないという男性も。

女性のなかには、つらいときこそ彼に支えてほしいという人もいるかもしれませんが、男性は「余裕がないと恋愛どころではない」という人も。

話せる事情ばかりとはかぎらないので、彼の気持ちが上を向くのを待つのがいいかもしれませんね。

タイミングを見計らおう

「好きだけど付き合えない」には、さまざまな意味が込められているのがわかりました。

しかしどれも、「今は」付き合えないという場合もあるよう。

どうしても諦められないときは、タイミングを見計らうのも一つの手かもしれませんね。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)