付き合うまであと少しだと思っていたのに、いつの間にかフェードアウトされていた……なんて経験はありませんか?

その「あと少し」を埋められなかった原因は、いったいどこにあるのでしょうか。

今回は、あと少しのところで失敗しがちな女性の特徴を3つご紹介します。

自身の行動と照らし合わせてみてくださいね。

 

なにが原因?いつも「あと少し」で失敗する女性の特徴

好意を示さない

「数回デートしたけれど、相手からの好意は感じられなかったんです。

だからほかの子と付き合ったんですが、あとになって『○○くんのことが好きだったのに!』と言われ……。悪い気はしなかったけれど、もう遅いかな」(29歳男性/教育)

相手に好意があることを知られるのは避けたいという人もいるかもしれません。

恥ずかしいとか、片思いだったらいやだとか、人によって理由はさまざまでしょう。

しかしあまりにも好意を示さないと、「脈なしかも」と感じる男性もいるのだとか。

わかりやすくアピールできなくても、「一緒にいて楽しい」の気持ちを伝えるなど、できることからやってみましょう。

ただ明るいだけ

「アプリで知り合ったその子は、とにかく明るいタイプで。一緒にいて楽しかったんだけど、もはや俺の中で『友達』枠になってしまい……。

彼女から告白してくれたけれど、振ってしまいました」(27歳男性/製造)

男性は明るい子が好きだと思いきや、明るすぎると友達止まりになることもあるよう。

明るい性格は素敵なことですが、ときには真剣な話をするなど、メリハリをつけてみるといいかもしれませんね。

友達止まりにはならない程度に、明るさを維持できるといいでしょう。

なんでも話す

「かわいいなって好印象だったのに、『昔ホストにハマって大金つぎ込んだことがある』と言われてビックリ。俺の知らない世界に怖くなって、そっと距離を置きました」(30歳男性/広告)

好きな人にはすべてを知ってほしいとか、ウソをつかないとかを意識している人もいるでしょう。

だからといって、なんでもあけすけに話すと、男性に引かれる可能性があります。

付き合う前ならとくに、すべてを知っても受け入れてくれる相手だとはかぎりません。

自分のなかで「言うこと」と「言わないこと」を区別しておくといいかもしれませんね。

「あと少し」を克服しよう

「あと少し」の距離を縮めるのは、少しの工夫が必要なことがわかりました。

やらなすぎてもダメ、やりすぎてもダメ……加減が難しいところです。

しかしそこをきちんと押さえられるようになると、その「あと少し」を克服できるようになっているはずですよ。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)