男性は、LINEをただの連絡手段として捉えている人が多いようです。

そのためこちらが返信を期待して送った内容でも、既読無視されてしまう……なんてことも。

今回は、男性に「返信せずにはいられないLINE」について聞いてみました。

気になる男性とLINEをしている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

上手に使おう♡男性が返信せずにはいられないLINEって?

盛り上がる話題

「女の人から来るLINEで『ふーん』としか思わない内容は返しづらいですね。『そうなんだ』としか言えないし、それ以上聞きたいと思わないので……。

それよりも共通の話題とか、一緒に盛り上がれる話題だとLINEが続く気がします」(25歳男性/ゲーム)

好きな男性とのLINEでは、「今日こんなことがあって……」などの報告を送っていませんか?

まだ付き合ってもいない関係での報告LINEは、とくに返すことがないという男性も。

彼とのLINEを盛り上げるには、共通の話題や彼が好きなものに関する話題を選ぶといいかもしれませんね。

タイミングがいい

「LINEが続く子ってタイミングがいいんですよね。

ちょうど朝の通勤のタイミングで『おはよう。今日も頑張ろうね』なんてLINEをもらえたらテンション上がって返信します」(25歳男性/教育)

LINEはいつでも送れるものだからと、タイミングを気にせず送っている方もいるはず。

しかし男性のなかには、通知をみたその瞬間に返すかどうか決めるという人も。

そのため、なるべく返信がもらえそうな通勤時間や昼休み、退勤後の時間をねらうといいでしょう。

待たされたあとの返信

待たされたあとの返信

「知り合ったときはそれほど意識していなかったのですが、LINEの会話が楽しくて、どんどん気になっていった人がいました。

テンポよく会話していても、途中でふっと途絶えたりすることがあると『どうしたんだろう?』と気になってしまって……。

気付いたらその人のことを考えることが増えて、振り回されていたと思いますね。今思うと計算だったのかも?」(29歳男性/Web)

LINEはコミュニケーションの一つなので、当然自分が発した言葉に対するリアクションを期待するでしょう。

そのため、テンポよく続いていたやり取りは途絶えると、ソワソワするという男性も。

そんなときにきたLINEには、迷わずすぐに返信をしたくなるようなので、タイミングに緩急をつけるといいのかもしれませんね。

上手に使いこなそう

LINEを上手に使いこなせば、気になる彼に「もっと話したい」と思ってもらえるようになるはず。

そのためには、ダラダラやり取りを続けないことも大切になるのだとか。

あえてキリがいいところでLINEをやめてみるのも一つの手段なのかもしれません。

(上岡史奈/ライター)

(恋愛メディア・カツ編集部)