彼女から信頼されていたり、頼りにされていることがわかると、やはり男性としてはうれしいものではないでしょうか。

普段は恥ずかしくてなかなか言葉にできなくても、定期的に伝えてあげることも、愛情を確かめる意味でも重要です。

そこでは、男性が「彼女に言われたい言葉」をご紹介。何かの瞬間に、ぜひ伝えてあげてみてください。

2人の絆も深まる!男性が「彼女から言われたい言葉」とは?

君なら大丈夫

付き合っている以上、ふとした瞬間に彼の「浮気」が心配になることもあるかもしれません。

しかしそんなときにも、「大丈夫、信じてる」とか「〇〇君ならできるよ」など信頼していることを伝えられたほうが、当然のことながらうれしいはずです。

それに、自分を信じてくれる人のことは大切にしたいと思うのが人情というもの。

仲良しでいたい、彼に安心感を与えて大切にされたいと願うなら、まずはあなたから彼に「信じてるよ」という言葉をかけてみてください。

君の影響でハマった

たとえば、自分の好きな漫画を彼女も読みはじめ「おもしろい!」と絶賛する。

またたとえば、自分の趣味のゴルフに彼女も興味を持ち、自分が彼女にゴルフを教えるようになった……など。

共通の趣味ができてうれしいというのもありますが、自分の好きなこと、興味のあることに彼女も興味を示しはじめることがうれしいようです。

なので、彼がしていることのなかに、あなたも興味がわくものがあるのなら、どんどん彼に教えてもらいましょう!

彼との円満な関係を続けていくためにも、2人で一緒に趣味や新しいことに取り組むと刺激になりますよね。

尊敬する

どうしても、ケンカが避けられないこともあるかと思います。

しかしそんなときでも、見下したり罵倒したりするのはNG。場合によっては、関係が修復不可能になることも考えられます。

ケンカのあとに「〇〇くんの気持ちを伝えてくれてありがとう」など相手を尊重する言葉をかけてあげましょう。

恋人に尊敬されたり、尊重されたりして悪い気のする人はいないと思います。

これは末長く恋人関係を続けていくコツでもあります。

言葉にするのが大事

褒めてくれたり、自分を認めてくれたりする相手のことは、「特別な存在」になるものです。

お互いの愛情を枯らさないためにも「言わなくてもわかるでしょう?」ではなく、感謝や信頼、敬意を表す言葉は日頃からきちんと言葉で伝えてみて。

きっと彼もあなたからの言葉がうれしくて、もっとあなたを大切にするはず。

お互いに思いやりを持つことができ、2人の絆も深まっていくに違いないでしょう。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)