彼氏と長くお付き合いしていると、同棲も視野に入ってくるかと思います。

では男性は、どういったときに「同棲したいな……」と思うのでしょうか?

今回は、お家デートでの行動から、男性に同棲を意識してもらう方法をご紹介します。

男性が「同棲を意識する」お家デートでの行動とは?

美味しいご飯を作ってくれたとき

「家に遊びに来てるときに、わざわざお店に一緒に買い物に行くとかじゃなくて、冷蔵庫のなかにあるものでパパっと料理をしてくれて、それが予想以上においしかったんですよね。

こんなにメシがうまいなら、一緒に住みたいなぁ~って思いました。普段まともなもの食べてないんで……」(25歳男性/美容師)

恋愛から結婚を意識させるには男性の胃袋を掴むのが大切、というのは昔から言われていますよね。

美味しい料理を作れれば、それだけでも同棲の価値が上がるんだとか。

もし本当に同棲することになったら、「ご飯は作るから、後片付けはやってね!」など、家事の分担は提案しておくとよさそうです。

甘えさせてくれたとき

「仕事から疲れて帰ってきたときは、たまにでもいいから甘えさせてほしいです……。

気を張らなきゃいけない相手だと、家でも気が休まらない感じがして嫌ですね」(30歳男性/警備)

どんなに責任感があり、リーダーシップを発揮するタイプの男性でも、素の自分を見せて甘えられる場所は必要ですよね。

それを提供できるパートナーだと相手に認めてもらえれば、同棲を通り越して結婚も夢ではないでしょう。

普段は自分が甘える立場でも良いですが、彼が弱っているなと感じたらそっと抱き寄せたり、話を聞いてあげたりできるとよさそうです。

一緒にダラダラしているとき

「家にいるときは、ダラダラさせてほしい。何なら一緒にゴロゴロしたいですね~」(26歳男性/販売)

大好きな人とせっかく一緒にいるのだから、なにか意味のあることをしたい!と考える女性も多いかもしれませんが、それが男性に負担をかけている場合も。

同棲してからもダラダラと過ごしていることを批判せず、一緒にリラックスできる姿を想像させることが大切なようです。

楽に過ごせるかどうかがポイント

男の人が同棲したいと思う瞬間は、何も特別なことではなく、「一緒に過ごしていて楽かどうか」が大切なようです。

同棲を考えた彼女とは、結婚も考えやすくなるでしょう。

一緒に暮らしたいと思われるように、少し意識してみてもいいのかも?

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)