お付き合いが安定してくると、お互いに「素」が出てくるもの。

ありのままの自分をさらけ出せているのはいいことですが、好きだった彼女が変わってしまった……とションボリする男性もいるのだとか。

そこで今回は、男性がガッカリした「彼女の変化」について、ご紹介します。

好きだったのに…男性がガッカリした「彼女の変化」とは?

ズボラ全開になった

付き合いが長くなると、ついズボラな一面を彼に見せることもあるでしょう。

たとえば、お風呂上りに服を着ずにウロウロしていたり、デートの日でもメイクをしなくなったり……。

いくら大好きな彼女とはいえ、こういった言動を見ると、ガッカリしちゃう男性も多いのだとか。

ほかにも付き合いたての頃の写真を見返したとき、いまの写真とのギャップにガッカリしちゃう男性もいるよう。

相手のタイプをきちんと理解し、素の自分を見せるところと、見せないところを工夫したほうがよさそうです。

愚痴が増えた

女性のなかには、不安や不満を人に話すことで、それらを解消しようと考える人もいます。

それに信頼している彼だからこそ、「悩み」という形で、結果的に愚痴をこぼす人もいますよね。

ただ不安や不満などの愚痴は、基本的にネガティブな言葉が並ぶもの。

ですから、せっかくのデートで毎回そういった話をされると、ついテンションが萎えちゃう男性もいるのです。

もちろん話を聞いてもらうのはよいですが、それで彼が不満を貯めてしまうなら考えもの。

彼の様子を見ながら、元気そうなときだけ愚痴る、など決めておくといいかもしれませんね。

感情の起伏が激しくなった

ちょっとしたことで、怒ったり泣き出したり、物に当たったりする女性っていますよね。

こういった女性を前にすると、どうしたらいいか頭を抱える男性もいるのだとか。

なかには、「できれば話し合いで解決したいけど、それを言い出せない……」と悩む男性もいるよう。

もし彼なりの問題解決方法があるなら、彼と一緒に考えてみるのもアリかもしれません。

関係を長続きさせるためには…

素を出せるのは2人の距離が縮まった証拠。

ただ「親しき中にも礼儀あり」ということわざのように、仲良しだからこそ、気遣いを忘れないようにしたいもの。

彼といい関係を保ち続けるためにも、今回ご紹介した内容をぜひ意識してみてください。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)