気になる彼に連絡してみたいけれど、とくに用事もないし、LINEを送るきっかけがない……。

そんな悩みを抱える女性は、少なくないようです。

でも大丈夫!マリーアントワネットがごとく、用事がなければ、作ってしまえばいいんです!

というわけで今回は、気になる彼に連絡を取るにあたって、「不自然に思われない口実」を3つご紹介します。

用がないなら作ればいいじゃない?気になる彼に「LINEする口実」3選

ニュースを活かした状況確認

「地震があったときに、『ニュースで見たんだけど、〇〇くん大丈夫?』ってLINEしてくれてきたときは、なんか嬉しかったです。(26歳男性/住宅)

彼に連絡をするための理由が欲しいときは、ニュースで身近な話題を探してみるのもおすすめです。

バッドニュースだけでなく、「桜開花」とか「初雪観測」とか、何気ない季節ネタも、彼に連絡するための絶好の口実となってくれます。

自分のことを気にかけてくれたり、心配してくれたりする人がいることは、ちょっと嬉しいことでもありますよね。

話題になっているニュースとともに、さりげなく彼の近況を探ってみましょう。

エンタメ情報の共有

「大学の同級生で『この動画、おもしろいから見てみて!』とか『このファッション系インスタグラマー、〇〇くんのタイプだと思う!』とか、やたら情報をくれる女の子がいるんですけど……

確かにどれも俺のツボで、この子と一緒にいたら楽しい!と思って、俺から告白して付き合ってもらいました」(21歳男性/学生)

YouTubeやInstagramで、「これおもしろい!」と思ったものを、彼に共有してみるのもおすすめです。

おうち時間を楽しく過ごせる女性は、男性にも「一緒にいると楽しい時間を過ごせる人」という好印象を与えます。

彼の好みを考慮して、おすすめの動画や投稿を共有してみてくださいね。

彼の趣味や得意なことついて

彼の趣味や得意なことついて

「今の彼女は付きあう前に『初心者にはどんなボードがおすすめ?』とか『おすすめのスポットは?』とか、僕の趣味のこと聞いてくれて。

後から聞いたら、サーフィンには全然興味はなくて、ただ俺と話したかっただけって言われました笑」(27歳男性/アパレル)

まず鉄板となるのが、彼の趣味や仕事など、彼が得意とする分野の話題。

自分が詳しい分野の話について質問されると、嬉しいと感じる男性が多いようです。

今回ご紹介したエピソードの彼女のように、本当は興味がない話題でも、それをネタにアタックしてしまう強者も!

ひとまず、彼の趣味や仕事などについて「わからないから、教えて!」というスタンスで連絡をとってみましょう。

きっかけは身近なところに

LINEするきっかけは、何気ない日常にたくさんあるものです。

ニュースや動画を見ていて、彼のことが頭をよぎったら、LINEするチャンス!

彼から返事が来なかったらどうしよう……なんて考えは捨てて、まずは連絡してみましょう!

(恋愛メディア・愛カツ編集部)