何気ない発言のなかには、恋を遠ざけちゃう一言があるのだとか。

それは男性から見ても、なんとなく分かるよう。

そこで今回は、男性が「この子、モテなさそうだなあ」と思う、女性の口癖をご紹介します。

男性に聞いた…モテなさそうな女性の「口癖」って?

「どうせ男って」

「『男って浮気する生き物でしょ』とか、『どうせ男ってだらしない』とか決めつける口調の子っていますよね。
ああいうふうに言われると構えてしまうし、わざわざデートまでして、そういう発言を聞きたいとは思わない」(25歳男性/IT系)

過去に恋愛でショッキングな思い出があると、「どうせ男なんて」と言っちゃう女性もいるかもしれません。

でも目の前にいる彼だって、男性の1人。

自分が例外だったとしても、「男」と一括りにしてネガティブなことを言われると、ショックを受ける男性もいるでしょう。

またネガティブな発言といえば、「どうせ私なんて」というセリフも要注意。

謙虚にも聞こえる子のセリフは、言われた男性からすると、どう返せばいいのか悩んでしまうこともあるようです。

「でも・どうせ」

「なにか褒めても『でも〜』と返してきたり、なにかオススメしても『どうせ』と否定したりする人は、会話してて疲れますね。
なにを言っても否定されている感じがして、会話も気分も盛り上がらない」(22歳男性/大学生)

口癖って、自分では意外と気付かないものです。

否定しているつもりはなくても、「でも」や「どうせ」をよく使ってしまうと、相手にネガティブな印象を与えかねません。

それに言われた相手は、「俺のことを否定されている」と感じることもあります。

とはいえ自分では気付きづらい部分なので、周りの人に確認してみてもいいかもしれません。

自分で調べずに「わからないから教えて」

自分で調べずに「わからないから教えて」

「会話中にわからないことがあったとき、すぐに「わからないから教えて」と言う子がいますよね。
そういう子って、自分でなにも考えずに聞いてくるので、教えてもすぐに忘れるんですよ。
それがあまりに続くと『少しは自分で考えてから聞けば』と思います」(29歳男性/法律関係)

ちょっと検索すればすぐにわかるようなことを、面倒くさがって人に聞きすぎるのはNGです。

そんなことが繰り返されると、「付き合ったら、面倒ごとはすべて俺任せかも……」と想像する男性もいるみたい。

調べられることはある程度調べてから聞くほうが、きっと聞かれたほうも答えやすくなりますよ。

否定的な発言は控えめに…

無意識に出てくる否定的な口癖は、自己肯定感の低さから来ているのかもしれません。

ですから普段から否定グセがある場合、まずは自信をつけることが大事。

好きなことや得意なことに目を向け、自信をアップさせるだけで、恋のチャンスが広がるかもしれませんよ。

(上岡史奈/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)