長く安定したお付き合いのためには、「相性」が大事!という声をよく耳にします。

でも、ひとくちに「相性」と言われても、一体どこで判断するのでしょうか?

そこで今回は、好きな人との「相性のよさ」を判断するポイントについて、男性に聞いてみました。

男性に聞いた!好きな人との「相性のよさ」判断ポイント3つ

リアクションの心地よさ

「『この前、飲みに行ったんだ』って言っただけで『女もいたでしょ』と聞いてきたり、新しいごはん屋さんに連れて行ったら『オシャレじゃん。元カノと来たお店なの?』と言われたりするとゲンナリする……。

言ったことを素直に受け止めてくれる子のほうが、こっちも一緒にいて楽しいのになあ。
やっぱり自分にとってリアクションの心地よさって、大事かもしれません」(25歳男性/事務)

たとえば、驚きを表すとき「嘘だー!」というより「ほんと?」と驚く女性のほうが好感を持てる、という男性も多いです。

ここで「どうせ嘘をついてるんでしょ」という態度は、そんな男性たちには不評かも。

これは、必ずしもやましいことがあるから気にしているわけではないです。

お互い探り合わなくても、相手を信頼できるという心地よさを求めているだけかもしれません。

LINEのテンポ

「女子とのLINEは割と気を遣うので、自分から送るのは苦手……。
用があるときか、よっぽど話したいときくらいですね。自分から送るのは。

いまの彼女は、LINEしたければ送ってくるけど、返事の催促をしないので気がラク。
そういう子は少ないから、相性いいなって思います」(29歳男性/営業)

彼がなかなか返信をしてくれないってことは、LINEは苦手なのかも……。

そう考えて、そのままLINEの送信を控え、疎遠になってしまったケースも結構あります。

LINE不精の男性の中には「自分からは出さないし返信も遅めだけど、その子のことは好きだしLINEも嫌いじゃない」というタイプがかなりいるよう。

ただ「よくスルーされるし返事も一言だけ」など、明らかにやる気のない対応ならしつこくしないほうが無難。

ですが、送ったLINEに楽しげな返信が来る場合は、気にせず送ったほうが距離が縮まることもあります。

バランスを見て、相手とのペースを合わせていきましょう。

会話中の「沈黙」の捉え方

「会話中に沈黙タイムが生まれると、たまに『私との話つまんない?』って不安そうに聞いてくる子がいるんですよね。
僕としては、居心地がいいからリラックスしてるだけのつもりなんだけど……。

逆にそういうときに、僕の感覚を分かってくれる子だと相性のよさを実感するし、疲れてても会いたくなる」(33歳男性/公務員)

一緒にいるとき、彼はすぐに黙ってしまう……。

こういった場合、女性のタイプによっては『楽しく過ごす気がないの?』と不安に思ったことがあるかもしれません。

ただ彼にとっては、「リラックスしているだけ」など理由があるケースも多いもの。

たとえば家族や親しい友人とは、沈黙が多くても気にならないこともありますよね。

彼にとっては、そういう感覚なのかもしれません。

話しかければ答えてくれて、気まずい感じがしないなら、静かに過ごしていたほうが「相性がいいな」と思ってもらえるはずです。

まずは彼の感覚をチェックしてみて

お互いにとって居心地のいい相手は、相手に「相性がいい」と思われやすいです。

そのためにはまず、彼にとって「なにが心地いいか」をチェックする必要があります。

疑ったり駆け引きしたりせず、まずは彼の言動を受け止めながら、彼の感覚を探っていきましょう。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)