せっかく好きな人とデートするなら、「また会いたいな!」とポジティブな感想を持ってもらいたいもの。

できることなら「つまらない……」なんて思われたくないですよね。

そこで今回は、デートで「飽きられちゃう女性」の特徴から、注意点をご紹介します。

次に繋がらない…初デートで「飽きられちゃう」女性とは?

本音が見えない

「せっかく2人きりで会ってるんだから、普段できないような話ができたらなあって思います。
たとえば失敗談とか、恥ずかしい過去の話とか。
なのに、全然プライベートを見せてくれない子と話してると、本音が見えなくてつまんないなあって思う」(28歳男性/公務員)

好きな人とのデートとなると、緊張してしまう女性も多いでしょう。

ただ、そこで全く自分のプライベートな話をしない!というのは、考えもの。

なにを考えているか分かりにくく、気疲れする……という男性意見もありました。

無理にぶっちゃけトークをする必要もないですが、できれば少しだけ素の自分で話してみると、親近感を抱いてもらえるかもしれません。

リアクションが薄い

「なにをしても反応が薄くて、会話も人の質問に『うん』とか『そうだね』ばかり……。
そういう子とのデートは、会話が続かないし疲れちゃう。
無理に話題を出さなくてもいいけど、せめてリアクションは取ってほしいかな」(30歳男性/不動産)

恥ずかしがり屋で目が合わせられなかったり、リアクションが薄くなってしまったりする人もいるでしょう。

しかし、それが続くと微妙な空気が流れて、「一緒にいてもつまらない」という印象を持たれてしまうことも。

緊張しているときは、いつもよりオーバーなリアクションを意識するくらいが、案外ちょうどいいかもしれません。

真面目すぎて、冗談が通じない

真面目すぎて、冗談が通じない

「こっちが少し冗談を言っても、『ああ、確かにそうですね』みたいな真面目な反応をする子って苦手。
デートでどんなおもしろいことが起きても、冷めて見えるから、せっかくここまで来たのに……ってガッカリします」(30歳男性/IT)

元からの性格もあるので何とも言えませんが、やっぱり真面目すぎるのは、ほどほどのほうがいいかも。

やっぱりデートのときは、相手の表情につられて、自分の気分がアップダウンする男性もいるもの。

そんなときに隣にいる女性がずっと真面目トーンだと、思うように楽しめない男性もいるでしょう。

もし素の自分は茶目っ気がある、という女性なら、少しずつその一面を見せてみるのも大事です。

インパクトに欠ける

「『○○さんと言ったらこれ!』みたいな、その子なりのアイデンティティがあると『また誘いたいな』って思いますね。
だから趣味とか、変わった経歴とか、ネタエピソードがあると、一気に印象が変わります。
逆になにもないと、刺激がなくて飽きちゃうかも」(30歳男性/営業)

インパクトに欠ける人は、良くも悪くも刺激がなく、男性の印象に残りにくいことも多いもの。

ネガティブイメージなら別ですが、やはり心惹かれる「なにか」があると、それが魅力になりやすいです。

日頃から、なにかアイデンティティを模索してみるといいかもしれませんね。

「自分らしさ」を、少しずつ前面へ

一度相手に「つまらない人」と思われてしまうと、恋愛対象になるのが難しくなります。

相手に飽きられないためには、印象に残りやすい「あなたらしさ」を前面に出すことが大事。

目の前の相手のリアクションを見ながら、少しずつ自分らしさを見せていきましょう。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)