せっかくデートしても、そのあと連絡が途絶えてしまった……。

そんな経験がある女性も多いはず。

そういった展開を避けるためには、まずしっかり恋愛対象として意識してもらうのが大事。

そこで今回は、男性が「恋に落ちた瞬間」のエピソードを4つご紹介します。

【実録】男性が「恋に落ちた瞬間」のエピソード4選

悩みごとを相談された

「悩みごとを相談されると、一歩仲が深まったなと思います。
仕事の悩みとか、人間関係の悩みとか。
それをきっかけに、気になる存在に思えてくることも多いですね」(27歳男性/会社員)

悩みを打ち明けられるのは、信頼関係を築けている証拠。

それに自分の話をしてくれる人には親近感がわくものです。

とくに悩みなど「自分の弱み」について話すことで、相手も弱みを見せやすくなります。

すると、グッと心の距離が近づくのです。

悩み以外にも、自分の夢や目標など、信頼している相手にこそ話したい!といった内容なら、同じ効果を得られるかもしれません。

些細な話を覚えていてくれた

「職場の同期の子が、旅行のお土産をくれたんです。
そしたら『これ○○くん好きだったよね?』って、僕が好きなご当地キャラのキーホルダーをくれて……!
前にチラッと話しただけなのに、こんな些細なことまで覚えてくれてたのが嬉しくて、一瞬で恋に落ちました」(29歳男性/会社員)

何気ない会話での話を覚えていて、あとでなにか形にしてくれる。

この一連の流れは、高確率で相手にキュンとしてもらえます。

やっぱり自分に関心があるということがストレートに伝わりますし、なにより嬉しいはず。

普段から、さり気なく相手の好きなものを聞いてみると、恋が急展開を迎えるかもしれません♡

長電話が苦じゃなくなった

「僕もともと、電話が大の苦手だったんです。
とくに長電話って飽きちゃうし、長いこと行動も制限されるじゃないですか。
だけど、幼馴染と久しぶりに電話したら、初めて『もっと話したい!』って心から思えて。
僕にとって貴重な存在だなと思ったら、急に恋愛スイッチが入りました」(23歳男性/会社員)

男性のなかには、長電話ができる相手に対して、特別な感情を向ける人もいるようです。

とくにいつでも話が盛り上がって、気軽に話せる関係だと「相性がいい」と感じるよう。

そのためには、事前に2人で楽しめる話題を用意しておくと、お互いにとって充実した電話ができるかもしれません。

恋愛相談を聞いてもらった

「俺は、恋愛に対してトラウマを抱えてて、しばらく恋をしてなかったんです。
そんなとき、女友達にその経験についてポロっと口にしたことがあって。
うんうんってやさしく聞いてくれるその子を見たら、なんか久しぶりに『好き』って気持ちが湧きました」(26歳男性/消防士)

男性からネガティブな恋愛相談をされると、つい返答に困ってしまいますよね。

また「元カノから○○されて嫌だった」などの発言は、自分も行動を制限されたようで、不快感を覚える女性もいるかもしれません。

ただ、こういった言いにくい話は、もし付き合うとなったらいずれぶつかる壁になるでしょう。

ですから、「今後付き合いたい」という気が湧かない女性には、そもそも話さない男性も多いはず。

もし男性側からこのような話をし始めたら、できるだけ否定せず受け入れてあげるのがベター。

そうすれば、相手に一目置かれる存在に近づくでしょう。

ポイントは「信頼感」

今回ご紹介した男性たちは、相手に対して「信頼感」を抱いた際に、恋に落ちているよう。

ですから、男性がどんなときに「信頼感」を抱くか把握していれば、恋のチャンスが広がるはず。

とくに気になる男性の前で、ぜひ試してみてくださいね。

(草薙つむぐ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)