デートもしてLINEのやり取りも重ねて良い雰囲気の、気になる男性。

しかし、いきなりフェードアウトされたなんてこともあるのではないでしょうか。そんなの悲しいですよね。

今回は、脈ありだったのに男性に「冷められた理由」をご紹介します。

脈ありだったのに…男性に「冷められた理由」3つ

1.なんとなく合わなかったから

合わなかったというのは、もっとも多いパターンだと思います。

何回かデートをしたけど、「なんか違った」「よく考えたら好みではなかった」と、理由を正直に口にしたらあまりにも失礼なものばかり。

相性が悪く冷めてしまい、フェードアウトしたのだと考えられます。この場合は女性も察して、追いかけないほうが傷つかずに済むでしょう。

2.付き合えない理由があった

「本当は全然お金がない」「元カノとヨリを戻した」など、付き合えない理由があったことも考えられます。

遊び相手として付き合っていく分にはいいけど、本命女性としてお付き合いするのは難しかったパターンです。

このような男性とは付き合ったとしても幸せになることは少ないもの。

こんなときは割り切って次の男性にいくのがいいでしょう。

3.他の女性に目移りした

3.他の女性に目移りした

「告白してもいいかな」と思っていたところに好みの女性が登場して、そちらに気がいってしまった場合もあります。

そのため、途中であなたに冷めてしまったなんてことも……。

他の女性に簡単に気移りする男性とは、付き合わないで良かったと考えましょう。

冷められたら追わないのが吉!

人の気持ちはコントロールできないもの。

どんなに良い雰囲気だと思っていても、ふとしたきっかけで冷められてしまうこともあります。

冷められたら追わないのが吉です。

男性が離れてしまったら、気持ちを切り替えて新しい恋を探しにいきましょう。

(たえなかすず/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)