気になる相手が落ち込んでいるとき、声をかけてあげたいけど、なんて言ったら良いのかわからない……。

こんな状況になったこと、あなたにもあるのではないでしょうか。

じつはそんなときにかける言葉が、彼にとって特別な存在になれるかどうかを左右する大事なポイントになるんです。

今回は、男性が落ち込んでいるときに言われたい言葉を3つ、ご紹介します。

男性に聞いた「落ち込んでいるとき」にかけられたい言葉

大丈夫

「上手くいかないことが続いて落ち込んでいるときに、『きっと大丈夫だよ』と言ってもらえたことは、今でもすごく覚えています。

その言葉で、自信を持って前向きになることができました」(25歳男性/医療系)

落ち込んでネガティブ思考になっている男性には、彼の良いところを具体的に褒めながらはげますことがおすすめです。

あなたが知っている彼の素敵な部分を伝えることで、こんな風に思ってくれているんだと、あなたの気持ちも伝わることでしょう。

男性は褒められることが嬉しい人がほとんどです。

この言葉で、落ち込んでいる彼の勇気や、やる気を引き起こしてあげましょう。

あなたの味方だよ

「昔、仕事がしんどいときに彼女に愚痴をこぼしたら『私はいつも味方だから』と言ってくれたんです。

会社を辞めようかな……とまで思っていたんですけど、やっぱりもう少し頑張ってみようと思えました」(31歳男性/クリエイター)

いつでも自分の味方をしてくれる存在がいると、安心し、ときにはその言葉や存在が原動力となることも。

つらいといきにはどうしてもふさぎ込んでしまいがち。そんなときでもそばにくれる存在がいることは、きっと 何より大きな支えとなることでしょう。

大変だったね

「今の彼女はもともと同僚だったんですけど、とても忙しい時期に『○○君大変だったね』と心配そうに言ってくれたことがあって。
そのとき僕は、共感してもらえたことがすごく嬉しくて、少し泣きそうになってしまったんです。

それからしばらくして猛アプローチして、今では僕の大切な彼女です」(26歳男性/営業)

大変だったことを共感してくれるのは、男性にとって嬉しいことのようです。

『頑張れ』と応援することも良いですが、まずは努力や苦労を認めて、気持ちに寄り添ってあげましょう。

しっかりと話を聞いたうえでこの言葉をかけることによって、自分のことを理解してくれる女性と感じてくれるはずです。

特別な存在になろう

自分から弱音や愚痴を言えない男性も多いようです。

だからこそ、目の前で落ち込んでいるときには、温かい言葉ではげましてあげましょう。

アドバイスするのは求められたときくらいにしておき、とにかく話を聞いて理解者になってあげることが大切です。

気になる男性にとって、つらいときにふと頭に浮かんでくるような、ほっとできる存在になれたらいいですね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)