仲はいいけど、女性としては見てもらえていないと思う……という悩みを持つ女性は多いもの。

今回は、男性に「女友達を意識したきっかけ」について伺ってきました。

彼らの意見をもとに、男性の心理を読み解いていきましょう。

気になる彼を振り向かせたい…!男性に聞いた「女友達を意識した瞬間」

言動がリンクしたとき

「同じタイミングで飲み物を飲んだり、話し始めたりしたときに、思わず顔を見合わせて笑ったことがあります。
相性が良いのかなと、そのときから妙にその子のことが気になるようになりました」(25歳男性/広告代理店)

ふとした態度や言葉のタイミングが同じになることってありますよね?

一度だけならまだしも、何回か重なるとお互いに意識してしまうのではないでしょうか。

共通点が多いと関係性が深まりやすくなることを、心理学ではミラーリング効果と呼びます。

さりげなく相手の態度や言葉を真似してみると、ミラーリング効果を得やすいですよ。

同じ態度や言動がきっかけで、気が合う女性かも……と意識してもらえるかもしれません。

恋の話になったとき

「昔から仲良くしてる子と恋愛の話になったとき、意外なほどかわいらしい一面を知ったんです。それから、妙に意識してしまいます」(23歳男性/IT関係)

友達期間が長くて女性として見てもらえていないという人は、とくに強く性別の違いを印象づける必要があるので、恋愛の話をして男女の性別をしっかりと意識させるのがおすすめです。

恋愛観について話をすると、付きあった後の雰囲気を想像できるという効果もありますよ。

自分の話がしにくければ、共通の友人や芸能人の恋愛などの話題でもOK。

そこから、少しずつ話を盛り上げてみましょう。

いつもとは違うファッションをしていたとき

「会社の仲間と遊びにいったとき、普段はスーツ姿しか見たことなかったんですけど、プライベートで髪を下ろし、フェミニンなワンピースを着ているのを見たときにドキッとしました。それ以来、女性として意識して見ちゃってます」(24歳男性/出版)

いつもは髪をまとめている女性が髪を下ろしていたり、雰囲気の違う服装を着ていたりというように、ギャップのある装いにドキッとする男性は多いようです。

見慣れているイメージとは全く違う雰囲気にすることで、女性として意識される対象になる可能性も。

イメージを変えるときには、振れ幅が大きいほうがインパクトがあり、印象に残ります。

次に彼に会うときには、今までと全く違った服装や髪型にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

距離を縮めるには…

ふとした瞬間にドキッとしたことがきっかけで、急に女性として意識し始めるようになることは多いようです。

気になる男性に女性として意識してもらえるよう、ここでご紹介した行動を試してみましょう。

好きな人との距離を少しずつ縮めていきましょうね♡

(恋愛メディア・愛カツ編集部)