男性から「ご飯行かない?」とお誘いされると、思わず意識してしまう人もいるのではないでしょうか。

そのときの状況や内容で、彼の気持ちがわかるかもしれません。

今回は、「ご飯行かない?」と誘ってきた男性の脈あり度を、一緒にチェックしていきましょう!

本気なの?男性の「ご飯行かない?」から脈あり度をチェック!

【脈あり度:60%】あなたについての質問をする

お誘いを受ける段階だけでなく、実際に食事に行ったときの会話を思い返してみましょう。

仕事の話や当たり障りのない趣味の話で終わり……なんてことはありませんでしたか?

「どこに住んでるの?」や「好きなタイプは?」など、あなた自身について踏み込んで質問してくるようなら、脈あり度は60%かも。

食事中の会話には、その人の素の思いが表れやすいです。

会話を楽しみつつも、その言葉の裏側の気持ちを冷静に分析してみてくださいね。

【脈あり度:80%】ご飯は2人きりで

ご飯に誘われたときは、「2人で」か「みんなで」のどちらのつもりで誘われましたか?

もともとみんなで仲良くて、その一環で……ということなら、脈あり度は少し下がるかもしれません。

反対に「2人きり」であれば、脈あり度は高まるでしょう。

強い恋愛感情でなくとも、2人で食事をしたいのはあなたを特別に思っているというサイン。

食事をしながら、2人の距離をさらに縮められるといいですね。

【脈あり度:90%】雰囲気がいいお店を選ぶ

食事に誘われたとき、「おすすめのお店があるんだ」や「俺の行きつけでいい?」など、彼が普段から行っているお店を提案されたなら、脈あり度が高いかもしれません。

ほかにも、雰囲気がいいレストランや個室居酒屋、バーなどもこれに当てはまります。

2人の食事で、少しでもいい印象を抱いてほしいという気持ちの表れであるはず。

事前に食事の好みを聞いたり、予約しておいてくれたりする場合も、脈あり度が高いといえるでしょう。

食事に誘われたら確認してみよう

男性の「ご飯行こう」から、ある程度の脈あり度を測れることがわかりました。

ここでご紹介したのはあくまでも一例です。

実際の彼の会話や行動に注目し、さらに細かく見極めてみてくださいね。

彼との食事を楽しめますように。

(沙木貴咲/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)