モテ部屋

男性とのデートのうち、2人きりでサクッと飲む「サシ飲み」には、簡単に距離を縮められる力があるかもしれません。

だんだん外食の機会が増えてきた今こそ、サシ飲みデートのチャンスも増えるはず!

今回は、そんな「サシ飲みデート」で気を付けることを3つご紹介します。

仲良くなるには!付き合う前の「サシ飲みデート」で気を付けること3つ

お酒の弱さを気にしない

お酒が強くない女性や、お酒が飲めない女性にとって「サシ飲み」はハードルが高く感じられるかもしれません。

しかし、お酒の強さはそれほど関係ないよう。

たしかにお酒は潤滑油のようなものですが、サシ飲みデートのメインは「お酒を飲むこと」ではないはず。

場合によってはお酒の力を借りながらも、2人でさまざまな話をして距離を縮めるのが醍醐味でしょう。

なので、お酒が強くないからと気にしすぎる必要はありません。

思い浮かばなければ席をリクエスト

もし男性から「なに食べたい?」や「どこ行きたい?」などと言われたときには、「なんでもいい」はNG。

とくに食べたいものが思い浮かばなかったときには、食べ物やお店ではなく席のリクエストをするといいでしょう。

一般的に、真正面に座るのは「敵対の意志を示す」と言われています。

そのため、カウンター席で横並びに座ったり、ななめ45°の位置に座ったりできる席のリクエストをしてみるといいかも。

食べる口元を見られずにすむうえ、身体の距離もグッと縮まって、2人の仲が深まるはずですよ。

長居せずサクッと解散

長居せずサクッと解散

サシ飲みのポイントは、長居をしないことです。

人間は、「未完のもの」にほど執着しやすい生き物です。

1回目のサシ飲みデートでいきなりお泊りまでしてしまうと、「もういいや」や「つまらない」などと思われる可能性も。

そうならないためにも、酔いつぶれない程度の飲酒を心がけましょう。

また、楽しいとつい別れが惜しくなりますが、未来の自分のためにもあっさり解散するのがいいかもしれませんね。

気楽に楽しもう

サシ飲みデートに抵抗があった方も、挑戦しやすく感じたのではないでしょうか。

仕事帰りなど短時間でも楽しめるのがサシ飲みデートのポイントです。

楽しい時間を過ごせますように♡

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)