恋人時代は誰もが認めるラブラブカップル!でも、結婚したらうまくいかない……なんてこともあるようです。

できることなら、結婚前に相性のよさを知っておきたいものです。

今回は、男女の干支別で、結婚後の相性が最悪なカップルを、5位から順にご紹介します。

あなたはランクインしているか、チェックしてみてくださいね。

【干支占い】ラブラブだったのに…結婚後の相性が最悪なカップルTOP5

5位:ひつじ年生まれの女性×とら年生まれの男性

【夫が暴君になりがち】

おとなしくてケンカが嫌いなひつじ年の女性。

性格に二面性のあるとら年の男性の大胆な面に惹かれ、彼に頼る恋人関係になるでしょう。

彼も、従順なひつじ年の女性がお気に入りになるはず。

しかし結婚したら、とら年の男性は彼女がおとなしいのをいいことに、暴君になるかもしれません。

4位:とら年生まれの女性×とり年生まれの男性

【彼は仕事オンリーに】

恋人のときは、クールで仕事がデキるとり年男性の姿に、とら年の女性メロメロになるでしょう。

彼も、自分にベタぼれな彼女にいやな気持ちはしません。

しかし結婚すると、仕事オンリーな彼の冷たさにとら年の女性がついていけなくなり、2人の心は離れていく可能性があります。

3位:うし年生まれの女性×ひつじ年生まれの男性

【本音を言わない】

2人とも、穏やかでおとなしいタイプ。

お互いの第一印象は「性格よさそう」で、辛抱強く文句を言わないので、付き合いは長くなるでしょう。

しかし、本音を言うこともなく、結婚してもなぜ一緒にいるのかわからなくなるかも。

仮面夫婦になりがちな2人です。

2位:とり年生まれの女性×うま年生まれの男性

【ストレスがたまる】

なにごともきっちりこなすタイプのとり年の女性と、大ざっぱで細かいことは気にしないタイプのうま年男性。

自分が持っていない部分に惹かれる、刺激的な恋人関係です。

新婚の間はいいですが、四六時中顔を合わせていると、ストレスがたまることも。

気付いたときは、心が離れているかもしれませんよ。

1位:とら年生まれの女性×さる年生まれの男性

1位:とら年生まれの女性×さる年生まれの男性

【大ゲンカを繰り返す】

さる年の男性は、遊び好きで恋愛上手である傾向があります。

ロマンティックなとら年の女性にとって、気の利いたデートにプレゼントなどを与えてくれる彼との交際は楽しくて仕方ないでしょう。

しかし、結婚しても彼は変わらず遊び歩き、浮気もする始末……。

大ゲンカを繰り返し、くたくたになるでしょう。

思い出は大切に

結婚してからも、うまくいかないことは起こるでしょう。

しかしそのたびに、ラブラブで楽しかった時期のことを思い出してみてください。

今目の前にいる彼のことを、もっと大切に思えるようになるかもしれませんよ。

(星谷玲香/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)