恋愛において見た目は関係ない!ということもあるかもしれませんが、恋の始まりにおいて見た目は重要な要素です。

一目惚れとまではいかなくても、少なくとも男性が好感のある見た目じゃないと恋にすら発展しない可能性があります。

本当は若くても、見た目年齢で「老けて見えるからなし」と判断されてはもったいないですよね。

そこで今回は、おばさんっぽく見える女性の特徴とその直し方についてみていきます。


髪の毛の手入れをしていない

女性のヘアスタイルは、全体の印象を大きく左右するポイントのひとつですよね。

髪の毛に注目する男性も、意外と多いようです。

「街を歩いていて、髪の毛が綺麗な女性には自然と目がいきます。逆にあまり綺麗じゃないと、他の身の回りのことにも手を抜いてそうだなって思っちゃう」(28歳男性/アパレル)

毛先が痛んでいたりプリンになっていたり髪のお手入れができていないと、一気に老けて見える原因に……。

トレンドの髪型も取り入れつつ、定期的に美容院に行って見た目を整えるのが大切です。

服装が年相応じゃない

おばさんっぽく見えないためには、「年齢に合った服装をしているか」というのも大切なポイントのひとつです。

「電車のなかとかで、ミニスカートを履いている女性を見かけると、ちょっと無理をして履いている印象を持っちゃうかも。色っぽいというよりも、下品な感じがする」(30歳男性/公務員)

若く見えるようにと、露出の多いファッションをするのは逆効果でしょう。

上品な雰囲気を意識して、年相応の服装を心がけるのが大切です。

ロングスカートやワンピースなど軽やかな素材のものを履くことで、ふんわりとした柔らかい雰囲気を演出できます♡

メイクが厚塗りすぎる

メイクが厚塗りだと、透明感が出ず一気に老けて見えてしまうでしょう。

「前に飲み会をしたときにいた人が、やたらとファンデーションが厚塗りだったんです。年齢が気になってコソッと聞いてみたら同い年だとわかってびっくり!

絶対言えないけど、正直めっちゃ老けて見えました。もっと薄いメイクにした方が若く見えるのにな」(31歳男性/食品メーカー)

男性からすると、厚化粧だと、年齢肌を隠そうとしている感じがしてしまうんだとか。

若々しい印象に見られるためには、作り込んでいないナチュラルな肌を意識して、ファンデーションは薄めにした方がよさそう。

とはいえ、シミなどの肌トラブルは隠したいですよね。

お肌のお悩みをカバーしつつ、透明感のある肌を作りたいときは、肌に優しいミネラルパウダリーファンデーションを使いましょう。

石鹸でも落とせるミネラルファンデーションなら、肌への負担も少なく、元の肌質改善にも期待できますよ♡

おばさんに見られるのはもったいない!

老けて見えると、せっかくの恋のチャンスを逃してしまうかもしれません。

中身も磨きつつ、見た目もアップデートして素敵な女性を目指してみてくださいね。

●ミネラルファンデーションについてもっと詳しく知りたい人は…

(恋愛メディア・愛カツ編集部)