急に彼が素っ気なくなった……。

こういった場合、なにかが彼の恋心を冷ましてしまったのかもしれません。

ただ男性の多くは、その理由をなかなか明らかにしてくれないもの。

そこで今回は、男性に「彼女との別れを決めた」エピソードを聞いてみました。

男性に聞いた…彼女との「別れを決めた」エピソード4つ

カッとなると人格否定をする

「元カノと付き合っているとき、ケンカのたびに『ホント使えない!』とか『脳みそ5歳児と変わらない!』と、人格を否定するような言葉を浴びせられたんです。
そんなに俺のことが嫌なら、俺から離れりゃいいだけじゃん……」(30歳男性/建築)

怒りから、ついこんな言葉が飛び出す女性っていますよね。

ただなにがあっても、彼の人格を否定するのはNG。

ついイライラしてしまって……と普段とは違う一面が出てきたのかもしれませんが、彼の愛情は一瞬にして冷めてしまうでしょう。

取り返しがつかなくなる前に、感情をセーブしてくださいね。

元カレと比較する

「元カレがすごかった自慢とか、元カレとくらべられる発言はめっちゃ冷める。
こっちが元カレのことを聞いたならわかるけど、聞いてないのに元カレの話とかいらない」(25歳男性/派遣)

とくに深い意味もなく、元カレの話をする女性っていますよね。

そんな発言に対して男性は、「未練があるの?」「元カレよりも『イイ男』になれって言いたいの?」とネガティブな印象を受けがち。

なかでも元カレと比較してけなす場合は、要注意。

一瞬で、彼の恋心は冷めてしまうでしょう。

他の男の影が見える

他の男の影が見える

「イイ感じだと思っていたのに、他の男と仲よさそうにLINEしてる様子を見ると信用できなくなる。
なんでわざと嫉妬をあおるようなことをするのかな?って人間性を疑う」(30歳男性/IT)

せっかく仲良く付き合えていたと思ったのに、ほかの男と仲良さそう……。

これでは、男性からすると一気に信用できなくなるし、つまらなく感じてしまうのかも。

もっと好きになってもらうために、嫉妬をあおることもあるかと思いますが、逆効果になることもあるので要注意です。

彼の意見を認めない

「自分の意見がある子は好きだけど、柔軟性がなくて頑固なひとは、怖いというか、なんかおばさんに見えちゃって苦手意識があります。
好きな子の、変に強情になっている姿をみたら萎えるわ」(30歳男性/金融)

意見や意思があるのはいいのですが、絶対に曲げない!というのは考えもの。

協調性に欠けるし、なんか年寄りくさく見える……と感じる男性もいるようですから。

自分の考えを持ちつつも、相手の考えも受け入れようとする姿勢があれば、きっと一目置かれる女性になれるでしょう。

小さな言動に気を配って…

男女に関わらずだと思いますが、恋心は一度冷めてしまうと、その熱をもどしにくいもの。

それまでどんなに好きだったとしても、相手のことなど、もうどうでもよくなってしまうことも多いです。

今回ご紹介した言動は、関係が安定してきた「慣れ」から生じるケースも多いよう。

彼との一瞬一瞬を大事に過ごし、ずっと愛される女性になりましょう♡

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)