気になる彼との距離を縮めるには、「会話」が大事。

でも好きだからこそ、どんな話をしたらいいか迷ってしまう女性も多いもの。

そこで今回は、男性が「言われて嬉しい」言葉をご紹介します。

好印象を与えて、恋を前へ進めていきましょう♡

思わずニヤける♡男性が「言われて嬉しい」言葉とは?

「話していると楽しい」

「女の子に『〇〇さんと話してると楽しい』と言われるともっとしゃべろうと積極的になれる」(26歳男性/総合職)

これは、しゃべることに対して自信がない男性にも効果テキメン。

発言の後押しをするのに、とても有効なんです。

くすっと笑ったりしてから言うと、さらに説得力が増します。

ちょっとでもおもしろいなと思ったら、必ず伝えてあげましょう。

「独特のオーラがありますよね」

「『独特のオーラがありますよね』とか、『センスいいですね』と言われると嬉しくてニヤリとしてしまう」(24歳男性/営業)

恋愛においては、「オーラ」や「世界観」を褒めると、ポジティブに受け取られることが多いもの。

また、ここで「〇〇くんって、なんだか雰囲気あるよね?」と周りに同意を求める形で発言すれば、もっと効果的かもしれません。

この言葉の魅力は、さらなる説明を求められたときに言葉を濁しても、悪い雰囲気にならないところ。

なぜなら「独特のオーラ」って言語化しにくい感覚的なものですから、うまく説明できなくても許されるのです。

「オシャレですね」

「服がオシャレと言われると、自分のセンスに自信が持てるので嬉しい」(30歳男性/編集)

初対面のときには、とくに見た目に気を遣うもの。

服は全体の印象を決めるときにとても大切なものですし、体全体を見て評価する要素とも言えます。

まして30代くらいになれば、自分の体型にも不安がある年齢。

そんな体型にもOKを貰えた気がして、さらに嬉しくなる男性もいるようです。

さらに、このひと言から続けて服のブランドなどの話に膨らませることもできます。

ですから会話を続けるための、とても便利なセリフなんです。

「カッコいい」

「同僚に『そういうところカッコいいですね』って言われて、シンプルに嬉しかった」(27歳男性/看護師)

カッコいいという言葉は、男性にとってストレートに響く言葉の一つ。

またこの男性の場合は、その同僚女性に普段の働きぶりを評価してもらえたのも嬉しかったとのこと。

こんなふうに言動や容姿など、具体的に褒められると効果的なのかもしれません。

「彼女いるんですか?」

「『彼女いるんですか?』って聞かれると、それって『私って彼女としてアリですか?』って聞かれてる気がして、テンションが上がります」(30歳男性/医師)

男性の受け取り方によっては、脈ありを匂わせることのできるこの言葉。

単純に「嫌われてはいない」という認識ができる点でも、男性は好意的に受け取る可能性大です。

それに男性側から、「じゃあ○○さんは、彼氏いるの?」と恋バナに持っていきやすくなります。

そこで気になる女性の、彼氏の有無や、好きな異性のタイプなどを確認することができるはず。

ですから、男性にとっては二重に嬉しい言葉と言えるのです。

めざせ!好感度アップ♡

初対面でどんな言葉をかければいいかというのは、とくに異性相手だと難しい問題ですよね。

相手の気持ちを傷つけず無難にというのもいいですが、今回ご紹介したような言葉を使って、好感度アップを狙ってみてはいかがでしょうか。

さっそく次の出会いから使ってみれば、思わぬ関係に発展していくかもしれませんよ。

(秋佳 珠/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)