自分自身にコンプレックスがないという人はなかなかいないでしょう。

なかでも男性で気にしている人が多いのが、身長です。

努力で変われるものではないからこそ、悩んでいる人も多いのだとか。

今回は、自分よりも身長が低い男性にしてはいけないことを3つご紹介します。

恋が終わるかも…自分よりも身長が低い男性にしてはいけないことって?

高いヒールの靴を履く

身長の低い男性が気にしがちなのが、女性のヒールです。

女性のなかにはヒールを履くのが好きな方もいるでしょう。

しかし彼と並んだときに、彼ほぼ同じか彼より大きくなるようなら、ヒールは避けたほうがいいかもしれません。

人間は、自分より高いものには敏感に反応しやすい傾向があります。

とくに自分が気にしていることならなおさらです。

ペタンコのものか、ローヒールのものを選ぶようにするのがいいでしょう。

身長に関する話題

身長が低い男性は、自分に似合うファッションを試行錯誤している人が多いようです。

そんな彼らが着ている服に、「この服身長が高いと似合うよね」なんて伝えるのは言語道断。

ほかにも長身のモデルや俳優をほめるのも、嫌味に思われることも。

なるべく身長の話題に触れないようにしましょう。

一緒に洋服を買いに行くと、楽しみながら彼に似合うものを探せるかもしれませんよ。

部屋着を借りる

部屋着を借りる

彼の家に泊まりにいくときには、自分の部屋着を持参するようにしましょう。

同じものを着ると、その体格の差が露骨に表れやすいです。

身長が近いとあまり変わらなかったり、逆に女性のほうが大きかったらサイズが足りなかったりすることも。

自分がコンプレックスを抱得ていることは、他人が思っている以上に気になってしまうもの。

未然に防ぐためにも、自分のものは自分で用意し、彼が部屋に来るときには彼の部屋着を用意しておく用にしましょう。

想像以上にデリケート

自分が抱えるコンプレックスに対しては、無関心でいられても傷つくし、気にされて気を遣われすぎても傷つくもの。

デリケートな問題だからこそ、さりげない気遣いが光るのでしょう。

彼を思う気持ちがあるのなら、寄り添うことを考えてみてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)