悩んだり、落ち込んだりしている男性への声かけって、難しいものです。

しかしながら、そんな時こそ適切なひと言をかけてあげることで、あなたの印象もアップするかも。

今回は、悩んでいる男性を「さりげなく元気付ける」言葉をご紹介します。

さりげなさが大事!悩んでいる男性を「元気付ける」言葉

できることがあれば…

好きな男性が悩んだり落ち込んだりしていたら、「なんとかしてあげたい」という気持ちになることでしょう。

ただ、頼まれてもいないのに手を差し伸べようとすると、うっとうしく思われる危険性も大。

「ひとりにしてほしい」とか「口を挟まないでほしい」などと考える男性も少なくないので、余計なお世話になってしまうかも。

まずは「できることがあれば言ってね」とだけ伝えて、あとは見守るようにすると、男性にも「やさしい子だな」と思ってもらえるはずですよ。

すごくわかるよ

自分が今つらい状況にあるということをわかってもらえると、それだけで心の負担は大きく減りますよね。

だからこそ、男性が苦しい現状を話してきたときには、「すごくわかる」と共感を示してあげることが大事でしょう。

ただ、「わかるわかる」と適当に同意を示したり、共感したりしたからといって、自分の意見や体験談を彼に長々と話すのは、嫌悪感を抱かれる危険性も高いので要注意。

共感を示しながら、男性の話にきちんと耳を傾けてあげると、あなたのことを「良き理解者」として捉えてくれるようになりますよ。

絶対に大丈夫

自分が悩んで迷っているときに、スッと背中を押してくれる女性のことは、男性もとても大きな存在に感じるようです。

「○○くんなら絶対に大丈夫だよ」というひと言は、なんの根拠もない言葉かもしれませんが、男性の心にはちゃんと響くもの。

そこには信頼が感じられるので、「自分には味方がいる」という頼もしい気持ちにもなることでしょう。

「この子に言われたら、本当にできるような気がする」なんて思えたら、男性はもうあなたのことが手放せなくなるはずですよ。

なんでも話して

なかなか思い通りにいかず悩んでいるときには、不満やストレスも溜まってくるはず。

そんな状態になったら、愚痴や文句をこぼしたくなるかもしれません。

もしも気になる男性がそんな風に愚痴をこぼしてきたのなら、「なんでも話してね」とやさしく伝えて、不満を吐き出せるムードを作り出してあげるといいかも。

「この子になら弱音も吐ける」と感じたら、男性にとって特別な存在として感じてくれるようになるでしょう。

心が軽くなる言葉をかけよう

男性が悩んでいるときに、世話を焼きすぎるのはマイナス効果ですが、励ましてあげることは大切です。

男性の心が軽くなるような言葉をかけてあげられたら、あなたに好印象を抱いてくれるはずですよ。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)