ふだんは隠していても、「ブラックな一面」は誰にでもあるはず。

もし、そんな一面が恋の邪魔をしているとしたら、適切な対処が必要です。

そこで今回は星座の導きから、あなたの「裏性格」を占いました。

前編に引き続き、後編のご紹介です。

【後編】星座占い・意外とブラック…?あなたの「裏」性格とは

てんびん座(9/23~10/23)

【カッとなると言葉がキツくなりやすい】

内側からあふれる品のよさ魅力の、てんびん座。

しかしじつは、カッとなると強い言葉が出やすい星座です。

たとえば自分にも非があっても、相手を責め立ててしまったり、思わぬ毒舌が飛び出したり……。

とくに怒りを覚えたときは、発言一つひとつに気配りをしていきましょう。

さそり座(10/24~11/21)

【一度嫌いになると嫌悪感まる出し】

一途で愛情深い気質を持つ、さそり座。

好きになったら、できるかぎり尽くそうとするでしょう。

一方で、一度嫌いになったらトコトン嫌いになることもあります。

同じ空気も吸いたくないなんて毛嫌いしたり、陰口で盛り上がったりと嫌悪感まる出しにしがちです。

いて座(11/22~12/21)

【自信を失うと暴走しがち】

アクティブで冒険を好む傾向がある、いて座。

ただトラブルや失敗に遭うと、一瞬でネガティブモードに突入することがあります。

すると自信を失って、いろいろ暴走しがち。

たとえば恋人に対して、「私のこと本当に好きなの?」と納得するまで問い詰めるなんてこともあるでしょう。

思い詰めすぎないよう、コントロールする術を会得できるとベターです。

やぎ座(12/22~1/19)

【計画外のハプニングに弱い】

まじめで責任感が強い性質の、やぎ座。

しかし計画外のハプニングに弱い傾向があり、自分のリズムをくずした相手に対し、イライラを募らせる傾向があります。

そのうえ、その相手に対してチクチクと嫌味を言ってしまうこともあるようです。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座(1/20~2/18)

【ちょっぴり移り気】

みずがめ座は、束縛される恋愛が苦手で、既存の恋愛観に縛られないところがあります。

そのため恋人から「重さ」を感じると、他の異性にも好意を向け始めることが……。

異性とも友情を築ける星座なのでバレにくいですが、本命の恋人がいるときは、一途に愛し抜けるといいですね。

うお座(2/19~3/20)

【独りよがりなフシがある】

ロマンチストなところがある、うお座。

ただ少々独りよがりな一面があります。

たとえば、プレゼント一つとっても「自分がいいと思ったから」という基準で選ぶことがあり、相手に微妙な反応をされるなど。

また他人からイマイチなプレゼントをもらったら、露骨にイヤな顔をすることもあるでしょう。

相手視点もあると、より内なる魅力を活かすことができるはずです。

裏性格とも向き合っていこう

今回の占い結果は、納得のいくものだったでしょうか?

そうでない人もいたかもしれません。

ただ自分のなかに隠れている「裏性格」とうまく向き合うのは大事なこと。

すると、本来の魅力をもっと輝かせることができるでしょう♡

上手に付き合っていってくださいね。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)