気になる男性といい雰囲気なのに、なかなか告白してくれない……そんな経験が、あなたにもあるのではないでしょうか。

相手の男性がどんなことを考えているのか、気になるのは当然のこと。

今回は男性心理をもとに、その本音と対策についてご紹介していきます。

「イイ感じ」なのにどうして…?なかなか告白しない男性の本音と対策

「自分の時間」を大切にしたい

恋愛もしたいけど、自分の時間は絶対に確保したい。

そう考えている男性も、少なくはないようです。

これはとくに、形として「恋人」という型にハマりたくない自由人に多い考え方。

時間がかかるかもしれませんが、あまり邪魔せずに、自分は負担にならなということを少しずつ理解してもらうことが鍵になります。

「わたしたちの関係って何?」と詰め寄ってもはぐらかさられる可能性があるので、気を付けましょう。

恋愛で傷ついた過去がある

過去に恋愛で傷ついた経験がある場合、恋愛不信になってしまっているかもしれません。

その不安が邪魔して、告白までのもう一歩が踏み出せないだけ。

ゆっくり時間をかけて、傷を癒してあげてみるといいかもしれません。

ほかの女性とも関わりたい

まだほかにもいい人がいるかもしれないと思い、すぐに告白しないタイプの男性もいます。

そんな男性に告白してもらうポイントは、「逃した魚は大きい」と感じさせること。

あなたと付き合うことによって得られる楽しさをアピールすると、あなただけを見てくれるようになるかも。

ほかの男性の影をちらつかせて、彼に嫉妬心を焚きつけるのも効果があります。

考えすぎるあまり不安になっている

手をつないだりキスをしたりしているのに、なかなか告白してくれない。

そんな男性は、付き合った後のことを考えて不安になっているのかもしれません。

「とりあえず一カ月だけ付き合ってみようか?」など、冗談も交えてあなたからリードしてあげると関係がすすみますよ。

積極的な行動がカギ!

男性がなかなか告白しない理由はさまざまです。

ときには、女性から動かないとはじまらない恋もあります。

男性から告白してもらいたいところですが、自分から行動してみると関係が発展するかもしれません。

(TETUYA/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)