よく「恋愛と結婚は別物」などと言いますが、はたして本当にそうなのでしょうか。

男性の話によれば、女性に求めることが変わってくるのだとか。

今回は、男性が結婚後「彼女に求めること」を3つご紹介します。

恋愛と結婚は別?男性が結婚後「彼女に求めること」3つ

付き合いたての頃の気持ちを忘れないでほしい

男性のなかには、「結婚しても付き合いたての頃の気持ちは忘れずにいたい」という人も。

長く付き合えば付き合うほど、新鮮な気持ちは忘れがちになります。

しかし、そのまま付き合い続けると、待っているのはマンネリの道……。

マンネリを回避するためにも、長期交際中だけでなく、結婚後も初心を忘れずにいる習慣を考えておくといいかもしれませんね。

極端に見た目に手を抜かないでほしい

彼女から妻へと関係性が変わっていくことで、お互いに心を許せる範囲も変わってくるでしょう。

しかしそれでも、男性は女性に変わらない美しさを求める傾向があります。

結婚したとたんに見た目に無頓着になったり、清潔感が低下したりするのはいやだと感じるよう。

付き合っていたころと変わらないよさを保っていてほしいのかもしれません。

家事をそれなりにやってほしい

付き合っているときと結婚してからで変わってくる大きな点は、生活を共にするようになることでしょう。

自炊を中心とした家事や、子どもができてからの育児も中心としてやってほしいと考える人もいるのだとか。

バランスや役割分担は2人の力量やペースに合わせて、しっかり話し合って決めたほうがいいかもしれませんね。

とくに共働きの場合だと、あいまいな役割分担はケンカの原因になりやすいでしょう。

事前にしっかり話し合い、臨機応変に対応し合えるといいですね。

がまんはNG!

男性は、女性に基本的な部分は変わらずにいてほしいと思っているようです。

結婚して必要になってくる家事や育児の部分をアップデートしてくれればベストだと考えている人もいるのだとか。

しかし、片側の負担ばかり重くなっていくと、不満やケンカの原因になります。

価値観をしっかりすり合わせることが、幸せな結婚生活には欠かせないでしょう。

(只野あさみ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)