「恋愛はタイミング」という言葉がありますが、それは、結婚の決断にも同じことが言えます。

どちらか一方だけが結婚したいと思っていても、もう一方がその気にならなければ、決して結ばれることはありません。

この記事をご覧いただいている方の中には、もしかしたら彼が一向にプロポーズをしてくれないことに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、男性が「結婚したいと思うタイミング」についてご紹介します。

いくつかのポイントを押さえれば、待つことも、むしろそのきっかけを作ることもできるはず。

男性の本音は…?彼らが「結婚したい!」と思いやすいタイミング

金銭面の不安がなくなったとき

お金がすべてではありませんが、結婚して生活をしていくために、経済的なことは避けて通れません。

現在も金銭面で困窮してないこと、さらに今後も見通しが明るい状況なら、結婚に踏み切りやすいと言えます。

逆に、借金があったり、給与が安すぎて生活が難しかったりするときには「解決する見通しが立ってから結婚を」と考えがちです。

周りが幸せそうにしているとき

彼の同僚や友人で「幸せそうな夫婦」や「幸せそうな子どものパパ」が増えたとき。

自らのポジティブな明るい将来のイメージを思い描くきっかけが増えます。

「そろそろ俺も……」と意識しやすくなるんですね。これは女性でも同じことが言えるのではないでしょうか。

孤独や不安を感じたとき

挫折や不安、自分に自信がなくなるような出来事があったときも、結婚を意識しやすいタイミングです。

たとえば、大きな失恋直後や仕事で大きなミスをしたときなどに支えになってくれる相手のことは、大切に感じるもの。

そっと手を差し伸べてあげるだけでも、印象は変わっていくでしょう。

今後の見通しがたったとき

殆どの人は一日の大半を仕事して過ごします。

先ほど、「お金はすべてではないが大切だ」とお伝えしました。この「お金」が手元に入るのは、仕事をしているからこそ。

生活の基盤ともいえる仕事が順調でない場合、結婚に踏み切れないと考えるのも自然なことだと言えるでしょう。

転職したてだったり、会社の人間関係にとてもストレスを感じていたりする場合も同じです。

逆に特に大きな問題がなく、仕事が順調で今後の見通しが立っている状況なら、結婚に前向きになりやすいです。

相手の状況を見極めよう!

彼の状況によって、結婚の決断がしやすい時期としにくい時期があることがおわかりいただけたかと思います。

彼のサインを見逃さないよう、注意してくださいね。

(森野ひなた/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)